空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイナーが店舗をデザインする際に注意したいこと

公開日:2022/08/15   最終更新日:2022/08/19

空間デザイナーが店舗をデザインする

世の中にはさまざまなデザインであふれています。私たちが着ている服や住んでいる建物、食べている物のパッケージなど、その種類はさまざま。その中で店舗もデザインされており、店舗のデザインには空間デザイナーが関わっています。今回は空間デザイナーが店舗をデザインする際に注意したいことを中心に、店舗デザインについてご紹介します。

空間デザイナーとは

空間デザイナーとは、建物内外の照明や壁紙、床などのカラーコーディネート、内装品などの配置を考え、より快適かつ審美的な室内にデザインする仕事です。

建物は公共施設や商業施設をはじめ、住宅や店舗などのデザインも行います。建築や設計事務所のほかに、インテリアや住宅関連の会社に勤めている場合が多いですが、インテリアとのバランスを考えるインテリアデザイナーとは若干違うのがポイントです。

また、その中でも店舗デザイナーは店舗のデザインをメインに扱っており、店舗の内外装からその店舗が販売している商品の売上やブランディングの効果も考えてデザインし、トータルコーディネートを行わなければなりません。店舗デザイナーとして経験を重ねれば、フリーランスで活躍することもできます。

店舗デザインの役割とは

店舗デザインの役割は店舗のブランディングを考えて、消費者へコンセプトを伝えることです。

直接的なモチーフや、売り物を連想させるカラーや形などを駆使してその店舗がどういったコンセプトを抱えているのかを消費者へ伝えます。

そうしたデザインは消費者の購買意欲を高めたり、落ち着いて店内を見たりすることのできる空間を作り上げることにつながるので、結果的に店舗のデザインも売り上げにつながっていきます。

店舗のコンセプトに沿って、視覚的にもコーディネートの総評でもその店舗が何を伝えたいのか明確にする必要があります。

店舗デザインで注意すべき点とは

店舗デザインで注意すべき点は、まず店舗のコンセプトに合っているかどうか注意しなければなりません。

クライアントによって細かく決められている場合と、空間デザイナーの裁量に大きく任せている場合などケースはさまざまですが、何を伝えたいかを明確にしなければ売れる店舗にはなりません。

売上につながらなければ店舗デザインは成功とはいえないのです。またそのほかに、視覚的な効果を考えるだけでなく、スタッフや客の動線を考える必要があります。

店舗デザインをするにあたって必要な資格はあるのか

店舗デザインをするにあたって必要な資格はこれといってありませんが、やはり一番大きく関わってくるのは経験の有無です。

店舗デザイナーの仕事は、色彩感覚やコンセプトをうまくデフォルメする能力のほかに、空間デザインの知識、流行などを押さえ、取り込むマーケティング力など、さまざまな要素が必要になります。

デザインだけでなく空間などを学ばなければならないという点から、多くのデザイナーは独学で学ぶよりも専門学校や大学で専門的に学び、就職することがほとんどです。

実際に会社や事務所に就職してアシスタントやデザイナーとして経験を積み、プロジェクトリーダーやプロデューサーになります。

実際に店舗となる場所へ訪問したり、クライアントとの打ち合わせなどで外出したりする場合も多いですが、基本的にパソコンのみで行える仕事なので、テレワークや在宅ワークが取り入れられた今、人気の職業でもあります。

まとめ

空間デザイナーの役割と、実際に店舗をデザインする際の注意点は、私たちが日々店舗を利用する中で重要な役割を果たしています。

これらをしっかり踏まえて、空間デザイナーや店舗デザイナーになりたい方は勉強や業務の参考にしてみてください。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく