空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

東京の空間デザイン学校ランキング!

空間デザインを学ぶための学校選びはとても大きな買い物です

空間デザインは現在もっとも需要の高まりが期待されている分野です。情報が多様化するのに比例して、人々のニーズもさまざまな形に枝分かれした現代社会においては、空間にあらゆる配慮がなされた建築が多数必要とされているのです。

そしてそれは日本国内に限ったことではありません。世界中において、空間デザインの高度なノウハウと、豊富な知識とアイデアを持つ技術者が求められているのです。

だからこそ、空間デザイナーになるという考えは非常に賢い選択であると言えるでしょう。この先AIの高度化、普及化によって多くの職業の必要性が問われることを考えれば、今から空間デザインに関する勉強をはじめるというのは、かなり有効だと思われます!

そして、空間デザインを学ぶのに、もっともよいと言われる方法は何か。それは空間デザインを教えている講師が、現役のプロのデザイナーで、そのノウハウや技術を身につけることです。

しかし、都内には非常に多くの空間デザイン関連学校が存在しています。この中から自分に合ったよりよい学校を選ぶというのは、なかなか大変なことです。学費は決して安いものではないため、選択を誤るということはできないのです。

そこで活用してほしいのが、このランキングサイトです。このサイトでは、東京都内において特に評判のよい空間デザインの学校をランキング形式で紹介しています。よりよい空間デザイン関連学校を探すための参考情報として、存分に役立ててくださいませ!

東京の空間デザイン学校ランキング一覧!

未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数「東京デザインプレックス研究所」

東京都内での空間デザイナーを目指せる学校ランキングの選考は、都内にたくさんの建築・空間デザインに関する学校があったため、非常に時間がかかりました。しかし、あえて心を鬼にして欠点も厳しく審査することによって、とある学校がもっともすぐれているという結果になったのです。

それが、今回のランキングで1位に輝いた「東京デザインプレックス研究所」です。場所は東京都渋谷区渋谷駅からわずか徒歩5分という好立地にあり、生徒からも「通いやすい」と評判となっています。

この東京デザインプレックス研究所のコンセプトは「MORE HAPPINES FROM TOKYO TO THE WORLD&TO THE FUTURE」。空間デザイナーやインテリアデザイナーになりたいという生徒たちの燃え上がる情熱に応え、その夢を叶えようというのがモットーなのです。だから、この学校に入ろうと思うならば、「絶対に夢をかなえる」という強い意志を持っていなければなりませんよ。

もしあなたがそのような強い志を持っているのであれば、東京デザインプレックス研究所はとても心強い味方となってくれることでしょう。この学校では、空間デザインを効率よく、実践的に学習するためのあらゆるカリキュラム・設備配慮が整えられています。

事実、東京デザインプレックス研究所へ入学した時点ではデザインのイロハすら分からなかったのに、卒業するとプロフェッショナルに勝るとも劣らぬ知識とスキルを習得し、大手デザイン事務所などへの就職が成功したという方がたくさんいるのです。未経験からスタートする方や、充実した環境で学びたいという方は、この東京デザインプレックス研究所、オススメです!

おすすめポイント

Point 1. 講師は全員現役のプロフェッショナルデザイナー!

東京デザインプレックス研究所の基本情報

住所/TEL 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル2号館9F
TEL:0120-456-539
アクセス 渋谷駅 徒歩5分
学費 ・商空間デジタルデザイン総合コース…66万円(税込)/6ヶ月間
・インテリアデザイン総合コース…53万9,000円(税込)/5ヶ月間
・空間コンテンポラリーデザイン総合コース…129万8,000円(税込)/1年間
オープンキャンパスor説明会の有無 授業体験セミナーあり

東京デザインプレックス研究所の口コミ情報

【現役のプロデザイナーから学ぶ実践的な授業】

私がTDP大好きな理由の一番はこれです TDPに入学すると2年間プレックスプログラムと呼ばれる、月に2回くらい開催されるデザイン業界で大きく活躍されている方々を特別講師にお招きしたワークショップのような特別授業を全員受けることができます・・・

【集中してインテリアデザインが学べる環境】

インテリアデザインコース選考でした。講師の方の説明も分かりやすく、見事短期間での資格取得も出来ました。就職サポートは利用しませんでしたが、不定期にあるプレックスプログラムは参加した方がイイと思いますよ・・・

【本気でデザインを勉強したい人向けの学校】

実践的な授業というだけあって、結構、勉強は大変でした。仕事をしながら半年間、頑張れるなら、通う価値のある学校だと思います。自分は全くの未経験から転職を考えて始めましたが、授業以外の時間も復習しながら必死に食らいついた感じです・・・

東京目黒というデザイン的な好立地の人気校「ICSカレッジオブアーツ」

今回のランキングでは、多数のデザインに関する学校を対象としました。できればどの学校も1位にしたかったのですが、やはりそこは厳しくいかなければと思い、あえて厳しい評価をくだした学校も中にはあります。

この「ICSカレッジオブアーツ」もその中もひとつです。今回1位に選んだ東京デザインプレックス研究所がなければ、ひょっとするとランキングトップになっていたかもしれませんね。

このICSカレッジオブアーツの特徴のひとつとして、所在地が東京都中野区目黒にあるということが挙げられます。「場所がどこかなんてあまり関係ないのでは?」と思われるかもしれませんが、勉強をする上では、環境も大事です。

このICSカレッジオブアーツのある目黒は、いわゆる「アート街」。周辺にはインテリア家具やデザイン事務所などが多数軒を連ねており、学校周辺を歩いてみれば、個性的なデザインの作品を多数見ることができるのです。いわば、学校へ通うだけでも「デザインの空気」を感じることができるといったところでしょうか。目黒という街は、デザインを学ぶ上で大きな刺激を与えてくれます。

また、この学校は企業とのつながりが密接であり、多くの生徒が大手企業や外部機関へ研修に赴いている実績を持っています。企業との連携を活かした授業も好評ですし、就職の際はこの豊富なネットワークの恩恵を受けることができるでしょう。

そのようにユニークな特徴を持っているICSカレッジオブアーツがなぜ2位なのかということに関しても、後ほど説明していきますね。

おすすめポイント

Point 1. 講師がマンツーマンで教えてくれる個別指導方式を採用!

ICSカレッジオブアーツの基本情報

住所/TEL 東京都目黒区柿の木坂1-5-6
TEL:0120-006-911
アクセス 都立大学駅 徒歩約5分
学費 ・インテリアアーキテクチュア&デザイン科…427万4,138円(税込)/3年間
・インテリアデコレーション科…283万1,246円(税込)/2年間
オープンキャンパスor説明会の有無 オープンキャンパス・個別学校見学あり

ICSカレッジオブアーツの口コミ情報

【非常に充実した就職サポート】

おすすめ! 一流の建築家になりたいと思っている学生にとってはとてもよい専門学校だと思います。建築業界の就職実績があり、県内だけでなく、けんがいの有名な会社に就職している先輩をいらっしゃいます。国家資格の合格率は8割を超えていて・・・

【企業とコラボして行われる授業】

おすすめ! とても良い。素晴らしいと思う。目標がある人にはオススメだと思う。とても良い。ぜひ、この学校に行って欲しい・・・

渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校「青山製図専門学校」

3位にランクインしたのは、「青山製図専門学校」です。その名前からも分かる通り、この学校は東京都渋谷区桜丘町や鶯谷といった、青山に近い地域に校舎をかまえています。

青山がいったいどのような場所なのか、デザインに興味のある方であればすぐにピンとくるでしょう。青山という場所は、日本国内におけるデザインの発信地であると言われています。多数のデザイン事務所や大手アパレル、インテリアや建築の施設が軒を連ねており、日夜斬新かつユニークなデザインが生み出されています。その中には、青山製図専門学校でデザインを学んだという方もいるかもしれませんね。

そうした青山の街に通学しながらデザインに触れ合うというのは、デザインの勉強をする上で非常に有意義なことです。ひょっとすると、青山で見たデザインがヒントとなって、自身の作品に関するアイデアを生み出すことができるかもしれませんよ。

そんな青山製図専門学校は、1977年の開校以来実に40年以上もの伝統を持っています。数あるデザインに関する学校の中でも、かなりの老舗と言えるでしょう。その長い年月の中で、多くの人材が青山製図専門学校を卒業し、空間デザイナー建築家インテリアデザイナーとなって活躍していきました。そして今もなお、多くの生徒がこの青山製図専門学校で学んでいます。

青山製図専門学校の生徒層は、比較的若いと言われています。高校卒業後、この学校へデザインを学びに行くという方も多いそうです。20代30代ともなると少々通いづらいかもしれませんが、高校卒業を控えた10代後半の方であれば、この青山製図専門学校の空気にもマッチするのではないでしょうか。

おすすめポイント

Point 1. 40年以上の伝統を持つ日本国内におけるデザインの発祥地

青山製図専門学校の基本情報

住所/TEL 【1号館】東京都渋谷区鶯谷町7-9/0120-46-1080
アクセス 渋谷駅 徒歩7分
学費 ・建築インテリア工学科…367万2,768円(税込)/3年間
オープンキャンパスor説明会の有無 体験入学(オープンキャンパス)・授業見学・個別相談あり

青山製図専門学校の口コミ情報

【在学中に2級建築士資格の取得が可能】

おすすめ! 建築に強い学校として毎年、沢山の求人が来ます。大手から個人経営まで幅広く、業種も様々です。また二級建築士ストレート合格を目指す学科に進学する生徒もいますので進学・就職する割合は半々です・・・

【就職課がしっかりと就職をサポート】

先生の教え方もとても優しく、分かりやすく丁寧に教えてくれます!建築のことを何も知らなくても一から教えてくれます! パソコンの作業などもありますが、しっかり教えてくれるし、毎回優しく丁寧に教えてくれます・・・

【選択の幅が広い】

おすすめ!私が所属していた学科は、建築とインテリアを両方の面で学ぶことができるので、どちらも興味がある方にはおすすめです。授業もそれぞれ学ぶ内容や課題が違い、さらに提出期限があるので大変なところがありますが、課外授業でインテリアショップを・・・

日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「桑沢デザイン研究所」

4位にランクインしたのは「桑沢デザイン研究所」です。この学校、空間デザインのほかに建築デザインや広告デザインを学ぼうと考えている方であれば、その名前を聞いたことがあるかもしれません。この桑沢デザイン研究所は、日本で最初のデザインに関する学校だと言われているのです。

その創立は、3位にランクインした青山製図専門学校より古い1954年。日本における「産業デザイン」の提唱者であり、八王子にある東京造形大学の学長などさまざまな功績をあげた桑澤洋子さんによって築き上げられました。その背景には、当時のデザイン先進国であったドイツのバウハウスがモデルとして活用されていたようです。

この学校の方針は、「デザインの原動力を養う」ということ。技術ばかりが秀でていて独自性をほとんど持っていないような面白味のないデザイナーになるよりも、その創作物が時代を切り開き、新たな世界を築いていくような力強いデザイナーを育てたいという崇高な理念を持っているようですね。

そのような桑沢デザイン研究所は、自校の強みとして教育方針やカリキュラムといったものすべてにデザインの本質が活かされているといったことをアピールしています。これはどういうことなのかというと、おそらくかつてお寺での修行において掃除や炊事といった日常的な行為までもが自身の心を鍛えるためのカリキュラムと考えられてきたことと同じことではないかと思います。

現在桑沢デザイン研究所の所長を務めているのは、浅葉克己さん。高齢であるにも関わらずダンディーさあふれる風貌をしている方で、これまでに日本宣伝賞や毎日デザイン賞、日本アカデミー最優秀美術賞などあらゆる受賞歴を持つ伝説的なデザイナーです。そのような方の下で学びたいという方、ぜひ桑沢デザイン研究所へ問い合わせを行ってみましょう。

おすすめポイント

Point 1. 教育方針やカリキュラムがすべてデザインの本質に活かされている

桑沢デザイン研究所の基本情報

住所/TEL 東京都渋谷区神南1-4-17
TEL:(代表)03-3463-2431
アクセス 渋谷駅 徒歩12分
学費 ・総合デザイン科(昼間部)…455万4,000円(税込)/3年間
オープンキャンパスor説明会の有無 入学説明会・オープンキャンパスあり

桑沢デザイン研究所の口コミ情報

【デザインが好きならとても楽しい】

デザインを勉強するための基礎をしっかりと学べる環境があると思う。実際に第一線で活躍する方々に教わる機会にも恵まれている。大学を卒業してからデザインを学びたい場合、夜間部は働きながらも通え、費用面や学べる内容を総合しておすすめできる・・・

【デザイン専門学校では日本一だと思う】

デザインについて幅広く学べます。二年生からはより専門的な知識と技術を身につけることができます。課題内容もポートフォリオに入れて目立つものばかりなので、将来にも役立ちます・・・

「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め「東京デザイナー学院」

東京の空間デザインを学べる学校ランキングの最後、5位にランクインしたのは「東京デザイナー学院」です。この学校に関してはどのようなところか知らなくても、名前を何かしらの形で聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

この東京デザイナー学院は通称「TDG」と呼ばれており、駅広告などさまざまな形態で頻繁にコマーシャルを行っています。最近ではTwitterやFacebookといったSNSを活用したマーケティングも行っており、その知名度はますます高まっているといってもよいでしょう。

知名度が高いということは、ある意味ではメリットのひとつとなります。就職において出身大学を聞かれた際「私は東京大学を卒業しました」と言えば尊敬のまなざしで見られるように、どこの学校を出たかということ自体がステータスになることがあるのです。場合によっては、東京デザイナー学院を出たということが大きな要因となって仕事が決まるというラッキーにもめぐり会えるかもしれません。その逆で、中には「特定の学校の出身者は絶対とらない」と考えている企業も存在している可能性は十分に考えられます。そのような理由からも、学校のブランドイメージは重要視して良いかもしれません。

そんな東京デザイナー学院は、今年で創立58年。その長い歴史におごらず、これからも成長を続けていくことでしょう

おすすめポイント

Point 1. 知名度の高い作品に関わった人が卒業生として現役で活躍し続けている

東京デザイナー学院の基本情報

住所/TEL 【お茶の水本校舎】東京都千代田区神田駿河台2-11
TEL:0120-62-6006
アクセス 水道橋駅 徒歩6分
学費 ・インテリアデザイン科…298万2,100円(税込)/2年間
オープンキャンパスor説明会の有無 学校見学会・オープンキャンパスあり

東京デザイナー学院の口コミ情報

【複数の科目から学びたい授業を選べる】

おすすめ! 先生が豊富で授業が濃密。幅広く授業が行われる為知識、経験共に多く得られる印象を受けた。2年間非常に充実した時間を過ごせる・・・

【実戦的に空間デザインを学べる】

おすすめ! やる気のある人とない人の差がある。先生方はとてもフレンドリーで接しやすい。Wi-Fi環境が整っている・・・

その他東京の空間デザイン学校一覧紹介

スペースデザインカレッジ
基本情報
住所 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル 6F
公式サイトURL
https://www.space-design.co.jp/
町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー
基本情報
住所 東京都港区北青山3-3-13 共和五番館4F
公式サイトURL
https://www.machida-academy.co.jp/
東京モード学園
基本情報
住所 東京都新宿区西新宿1-7-3
公式サイトURL
https://www.mode.ac.jp/tokyo
HIPS(ヒップス)
基本情報
住所 東京都新宿区西新宿7-16-6 森正ビル
公式サイトURL
http://www.hips-school.jp/

自分が空間デザインの学校で学ぶことを決めた理由とは

自分が空間デザインの学校で学ぶことを決めた理由とは

このサイトをご覧になられている方々に、まずは自己紹介をさせていただきます。私は都内在住の20代後半の男性です。現在は同じく東京都内で中堅メーカーの営業社員として働いていますが、実を言うと将来的には空間デザインの仕事に就きたいと考えています。

いったいなぜ空間デザインなのか。それは先述した通り空間デザインの需要が将来的に大きく高まっていく期待があるということも理由のひとつですが、それよりも「個人的に是非やりたい」というのが大きいです。

人々の生活を支えるための施設を作ることができる空間デザイナーというのは、とてもやりがいのある仕事です。このまま営業スタッフとして一生働くよりも、デザイナーとして華々しく活躍したいという希望があり、そのための勉強をはじめようと考えたのです。

しかし、私はこれまで空間デザイン、もといデザイン全般に関して勉強を行ったことがありません。もちろん、それに関連した大学や専門学校に行ったこともないのです。そのような人が20代後半の今から空間デザイナーを目指そうとするなら、いったい何をすればいいのでしょうか

まず考えられるのは、デザインを教えている大学に行くという方法ですが、これはあまり有効ではありません。大学はその勉強を終えるまでに4年間もの期間が必要となってしまいます。それに、学費も莫大ですし、なにより社会人の場合、大学に行くための時間が確保しづらいです。

それよりも、デザインを集中的に教えている学校へ通った方がよいでしょう。そうした学校であれば大学よりも短い期間で卒業することができますし、社会人が通いやすいよう夜間部などが用意されています。ですので、私は近々そうした学校へ通おうと考えています。

しかし、そうは決めたものの「どこの学校へ通うか」というのが最大の悩みどころです。東京というのはデザインの中心的な存在。当然、この地にはデザインの学校が多数存在しているのです。しかもそのレベルはピンキリで、学校によって教えることや就職のためのサポートがまったく異なっているといった状況なのです。

だから私はより優れたデザインの学校を選ぶために、さまざまな方法でリサーチを行いました。気になった学校に関しては直接メールを送り、問い合わせを行うといったことも行っています。

そうして作ったのが、このランキングサイトです。このサイトに掲載されている情報は、全部私が集めました。空間デザイナーを志すみなさんの力になることができれば、非常にうれしく思います。

東京でおすすめの空間デザイン・インテリアデザインの学校BEST5を一覧表にしてみました

さて、本サイトでは東京でおすすめの空間デザイン・インテリアデザインの学校を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれに特色があり、どれもデザイナーを目指せる学校ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各学校の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
特徴講師は全員現役のプロデザイナー一人ひとりの個性を伸ばす個別指導方式資格の取得に力を入れている1954年に設立された日本初のデザイン学校第一線で活躍する人材を多数輩出
入試選考試験なし先着順公募推薦入試、AO入試、一般入試、指定校推薦入試AO入試、特待生推薦入試(指定校含む)、推薦入試(指定校含む)、一般入試、留学ビザ入学、海外から直接入学AO入試、自己推薦入試、一般入試AO入試、推薦入試、一般入試
コース商空間デジタルデザイン総合コース、インテリアデザイン総合コースなどインテリアアーキテクチュア&デザイン科、インテリアデコレーション科など建築インテリアデザイン科、商空間デザイン科(ショップデザイン科)など総合デザイン科などインテリアデザイン学科など
問合せ0120-456-539
(10:00~20:00/日曜は18:00まで)
0120-006-911
(9:00~18:00)
0120-46-108003-3463-24320120-62-6006
(9:00~19:00/日祝は17:00まで)
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

わたしのおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは特徴やコースの違いといったところでしょう。

また、おすすめの空間デザイン・インテリアデザインの学校として、講師がプロのデザイナーであることは大前提ですが、コースや入試方法などにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった学校を選び、デザイナーという夢を叶えていただければと思います。

空間デザインは絶対独学で身につけることはできないでしょう

空間デザイナーを志す方々と実際会ったことがあるのですが、そのうちの何人かは「学校の学費が払えないから、独学で勉強をしている」と言っていました。でも、それは決して不可能ではないにせよ、きわめて難しいと言わざるを得ません。

まず何が難しいのかというと、空間デザインという分野があまりにも専門的すぎて、本一冊では説明しきれないからです。たとえ空間デザインについて触れた本があったとしてもそれらはあくまで「ちょっとだけ興味がある人」向けの簡単なもので、到底専門的とは言えません。ですので、独学で学ぼうとしてもデザイナーとして実際に仕事をするにあたって必要な知識を得ることができないのです。

また、空間デザインの習得にあたっては、ある程度の実技を想定して実習が不可欠となってきます。デザインを学べる学校の場合はそうしたカリキュラムを用意してくれているのですが、独学だとそうもいきません。これによって、独学者と通学者のレベルはますます大きくなってしまうのです。

もうひとつの選択肢としてデザイン事務所にアルバイトなどで入り込み、実務経験を積みながら勉強をするという方法があります。しかし、これもそう簡単にはいきません。

まず、デザイン事務所に未経験の人間がバイトとして入り込むという時点でかなりの狭き門です。デザイン事務所だって「仕事では役に立たないけれど勉強はさせてくれ」といったような都合のいい人間を雇うだけの余裕はありません。おそらくバイトを雇うとしても、ある程度デザインの経験があるか、デザイン関係の学校を出ている人間に限るでしょう。

もし、運よくバイトとして入り込めたとしても、いきなり空間デザインに関する仕事をやらせてくれるといったことはまずありません。簡単な雑用ばかりを任されて、結局ふつうのバイトをしているのと変わりない、といったことがかなり長い間続くのではないでしょうか。そこまでただ耐えても将来的にデザインの仕事をやらせてもらえるとは限りません。

結局独学というのはコストがかからない分効果が低く、失敗の可能性が非常に高いです。このような方法を選ぶぐらいであれば、学校に通った方が無難と言えるでしょう。

  • 空間デザインは独学では仕事に活かせるほどの知識を得ることはできない
  • 空間デザインの習得には実習が不可欠だが、独学では不可能に近い
  • 独学はコストがかからない分効果が低く、失敗の可能性が非常に高い

気を付けよう、ダメなデザインスクールの特徴とは!?

気を付けよう、ダメなデザインスクールの特徴とは!?

とは言え、ただデザインの学校に行けばよいというものではありません。こうした学校は大手が運営しているものからほぼ個人経営に近いものまで、かなり差が激しくなっています。もしダメな学校へ行ってしまえば、みすみす大金を損してしまうハメになりかねません。この項目では、レベルの低いデザインの学校の特徴について解説していきましょう。

公式HPを見てわかるおすすめできない学校の特徴は、講師のレベルが低いということです。授業を教えている講師がなんの実績もなく、どのような人物かまったく不明であったり、とうの昔に現役を引退してしまっているということが、質の低い学校の場合非常に多いです。そうした人物が講師であったとしても内容が実践的でなく、最悪言っていることが間違っていたりするので、まったく役に立たないでしょう。

また、これは決定的にダメというわけではありませんが、デジタル技術に対して懐疑的、あるいは扱わない学校もどうかと思われます。近年はCADのVectorworkといったデジタルデザインツールを最大限に使うことが仕事の効率化に大きく関わってきています。それに関して十分に教えないというのは、時代遅れとすら言えてしまうのではないでしょうか。

そして、これは個人経営の学校にありがちなのですが、就職支援がいっさいないというのはかなり困りものです。ただでさえデザイン系の就職は競争力が激しく、難しいものとなっています。それをいっさい手伝ってくれないというのは、今どきあり得ないことです。

たとえ学費が同じであったとしても、デザインの学校にはこれだけの差が出ることがあります。だからこそ、慎重に選ばなければならないのですね。

    【レベルの低いデザイン学校の特徴】

  • 実績がない、現役を引退しているなど、講師のレベルが低い
  • デジタル技術に対して懐疑的、あるいは扱わない
  • 就職支援がない

デザイン学校へ行きたいのにお金がない、そんなときはどうすれば?

空間デザインをしっかり学びたい人の多くは、デザインの学校へ行きたいと考えるのではないでしょうか。ですが、最大の問題となってくるのがやはり費用でしょう。学校の費用は安くても200万円以上かかる場合があります。個人にはなかなか捻出しがたい金額です。このお金が払えず、通学を断念してしまう方もいるようですね。

しかし、学校によっては学費の支払いをできるだけ楽にするためのサポート制度が用意されています。その代表的なものは、「教育訓練給付制度」です。この制度は雇用保険に1年以上加入している方を対象として、学費の20%(最大10万円)が支給されるようになっています。

多くのデザイン学校ではこの教育訓練給付制度を最大限に活用するためのサポートが整えられています。

  • デザイン学校の費用は安くても200万円以上
  • 学費の支払いをサポートするものとして「教育訓練給付制度」がある
  • 雇用保険に1年以上加入していれば、学費の20%(最大10万円)が支給される

デザイン学校へ行けば必ずデザイナーになれるのか?

ランキングについて解説を行う前に、言っておかなければならないことがあります。それは、デザイン学校へ行けば、必ず空間デザイナーになれるわけではないということです。

学校へ行くようになったという事実に満足して、入学以降まったく努力をしないという人がいますが、それは単に学費と時間をムダにしているだけで、最初から行かない方がマシと言ってもよいくらいです。

大事なのは、学校に行ってから勉強をがんばるということ。空間デザイナー職に就くという目的のため、一心に努力を続けなければなりません。

私もデザイン学校に行き、勉強に励むつもりです。お互いがんばりましょう!

空間デザインを学ぼうと思ったきっかけは?

ここまでおすすめの空間デザインの学校を紹介してきました。いろいろな学校があり、それぞれ魅力的で悩んでしまいますね。

このサイトを見ていただいている方は、空間デザインに興味がある方だと思います。今後学校に行くとしたら、どんな人が空間デザインを学んでいるのか気になりませんか?
そこで、私が独自に「空間デザインを学ぼうと思ったきっかけ」についてアンケート調査を行いました。

きっかけとして一番多い理由は「部屋の飾りつけなどをするのが好き」というものでした。
興味があるものを追求したいということは当然のことですし、それが将来的に役立つものであれば良いですよね。興味がきっかけで、それが自分の仕事となれば幸せなことだと思います。

次に多かったのは「デザイナーとしてスキルの幅を広げたい」という理由でした。
一番多かった理由とは逆で、スキルアップを目的としていますね。

この結果から、初心者でも経験者でも空間デザインの学校で学ぶことができる、ということがわかりました。
経験がないから心配…というような方でも安心して入学できそうですね!学校選びについてはこのサイトで紹介している空間デザイン学校を参考にしてみてくださいね。

空間デザインを学ぶことで目指せる就職先!

空間デザイナーの就職先としてまず挙げられるのは、デザイン事務所や建築設計事務所、内装工事会社などです。仕事内容としては、商業施設のショーウインドーやディスプレー、マンションのエントランスなど、さまざまな空間をデザインします。

他にも空間デザイナーの就職先としては、飲食チェーンやハウスメーカーなどが考えられます。大手の企業はデザインを外注せず自社にデザイン専門の部署を置くことが多いため、これらの企業に就職して、自社の運営する飲食店やモデルルームの空間デザインを担当することになります。

さらには、どこにも就職をせず、フリーランスの空間デザイナーになるという働き方もあります。収入は不安定になりますが、一般的な空間デザインの仕事はもちろん、屋外のイベントスペースのデザインや交通機関の内装デザインなど、より幅広い仕事に携わることが可能です。

空間デザイン学校FAQ


室内や屋外関係なく、ある一定の空間をデザインすることです。


一般的に、大学では専門技術に加えて一般教養も学びますが、専門学校では特定分野の専門技術のみを学びます。


インテリアコーディネーターは経済産業省がつくった資格で、インテリアプランナーは国土交通省がつくった資格です。


就職・転職後に役立つインテリアコーディネーターの資格を取得する学生が多いです。


建築士の資格は、7年の実務経験を経た後に受験資格を得ることが可能です。そのため、在学中もしくは卒業してすぐに建築士の資格を取得することはできません。


美術関係なら不安定な方もいますが、空間デザインは社会産業と密接に結びついている仕事なので、収入の安定さは問題ないでしょう。


必要です。しかしセンスは先天的なものではないので、勉強すればいくらでも身に付けられます。


空間デザインをやるうえで年齢は関係ありません。実際に40代や50代で就職している方もいらっしゃいます。


入学する方がほとんど未経験という空間デザイン学校が多いです。このサイトでも初心者の方が安心して通える学校を紹介しています。


ほとんどの空間デザイン学校では、在学中から卒業後までしっかりサポートしてくれます。

 

記事一覧

空間デザイナーは花形職として人気を集めていますが、目には見えない大変なことも多数あるようです。そのため、空間デザイナーとして働き始めてから理想と現実のギャップに苦しんでいる方も少なくありませ ・・・[続きを読む]
いろいろな空間のデザインを考えるのが空間デザイナーです。空間デザイナーとして働くのに特別な資格は必要ありませんが、問題なく仕事を受けるためには必要な資質があります。この記事では、空間デザイナ ・・・[続きを読む]
町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー 住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-13共和五番館 4F TEL:0120-844-211 日本で初めてインテリアコーディネータ ・・・[続きを読む]
HIPS東京(新宿)校 住所:東京都新宿区西新宿7-16-6 森正ビル TEL:0120-880-591 インテリアコーディネーターの資格取得ができるスクールとして親しまれているのが、HIP ・・・[続きを読む]
学校法人 日本教育財団 東京モード学園 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3 総合校舎モード学園コクーンタワー TEL:03-3344-6000 モード学園は、14年連続就 ・・・[続きを読む]
スペースデザインカレッジ東京校 住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル 6F TEL:03-5952-0452 スペースデザインカレッジはプロのインテリア・建築デ ・・・[続きを読む]
世の中のものの設計などを行うデザイナーにはさまざまなタイプがあります。その中でも、屋内や屋外などの空間を占めるものについて配置や様式をデザインするデザイナーのことを空間デザイナーといいます。 ・・・[続きを読む]
空間デザインは、建築の分野でもイベント企画などでブースを作る際に重宝されるスキルです。専門学校などで学ぶことができる空間デザインではありますが、より実践的に学んで即戦力になりたいのであれば、 ・・・[続きを読む]
現在、空間デザインの仕事に関わっている、あるいはこれから空間デザイナーになりたいと考えているなら、意匠法という法律について頭に入れておく必要があります。そこで、ここでは法の概要や、今後専門学 ・・・[続きを読む]
インテリア系で将来活躍したいと考えている方は、空間デザインを学べる学校選びは大きな買い物の一つといえるでしょう。どこの学校を選ぶかでも内容は変わってきますし、将来に向けて習得していきたい分野 ・・・[続きを読む]
空間デザインは、店舗を開設する際に重要な要素となるため、今や多くの人が注目しており、そういった状況から、空間デザイン専門学校は大きく展開されています。とくに東京都は非常に多くの学校が活動して ・・・[続きを読む]
日本空間デザイン賞は多くある空間デザインの功績を表彰し、その価値を世界に知らせるために2019年より創設されたデザインアワードです。このアワードのカテゴリーは大きく3つにわかれていて、Aから ・・・[続きを読む]
お店の空間デザインを変えると、お客さんに与える印象も変わり、売り上げを増やすことにもつながります。しかし、どのようなデザインがよいのかわからず、店舗内の空間デザインに四苦八苦している場合も少 ・・・[続きを読む]
空間デザイナーは、建物内部のデザインをします。具体的には住宅やお店の内装、イベント装飾や展示会ブースのデザインなどいろいろあります。またデザインの責任者として、案件の最初から最後まで携わるこ ・・・[続きを読む]
空間デザインを学んだ学生が卒業後目指す職業は、インテリアデザイナーや環境デザイナーが主流です。インテリアデザイナーではインテリアのみならず店頭のディスプレイや、レストランやホテル内のイベント ・・・[続きを読む]
空間デザイナーとは、その名の通り、空間をデザインする仕事です。空間デザイナーになればさまざまな仕事に挑戦できますし、自分のアイデアを他の人に評価してもらえます。とはいえ、実際にどのような仕事 ・・・[続きを読む]
商業施設やクリニックなどの内装を作り出すとき、空間デザインをいう専門的な知識を駆使してデザインを行います。建築デザイナーのなかでも花形といわれる学術で、空間デザイナーを目指す若者が増加傾向に ・・・[続きを読む]
東京には空間デザインを学べる専門学校が多くあります。空間デザインでは、住宅や商業施設などの内装デザインや装飾、空間設計を行います。照明や壁紙などをイメージに合わせて選んだり、インテリアのレイ ・・・[続きを読む]
デザインの仕事は未経験で、いきなり空間デザイナーとして働けると考える方はいないでしょう。しかし始めるべきことがわからず、第一歩を踏み出すことができないことはあるはずです。そこで、ここでは最初 ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスが蔓延したことで今までのようにはいかなくなったことが多数あります。学校では普通に授業を行えなくなったため、オンライン授業を実施するところが増えてきました。空間デザイン学校で ・・・[続きを読む]
初めからセンス恵まれている人など実際にはほんの一握りであり、ほとんどの人は凡人で後から自分なりに努力をして、デザインのセンスを身に着けます。もともと持ち合わせている感覚もありますが、まだまだ ・・・[続きを読む]
空間デザイナーの仕事は、お店等の空間をデザインし魅力を引っ張り出すことです。その結果、お客さんが増えれば空間デザイナーとしての仕事は完了したといえるでしょう。空間デザイナーに依頼して集客力を ・・・[続きを読む]
世の中には多くのデザイナーと呼ばれる仕事があります。その中でも空間デザイナーは人気の仕事で、店の内装や個人宅の内装及び装飾をトータルに担当し、クライアントの希望する演出を叶える素敵でおしゃれ ・・・[続きを読む]
仕事選びをする場合、高校や大学で文系、理系のどちらを選んだかによっても、適している職種が変わることは少なくありません。では、空間デザイナーになりたい場合は、文系と理系、どちらのほうにまずは進 ・・・[続きを読む]
従来の建設業は老朽化や災害などに耐えうる耐久性が重視されてきましたが、近年の建設業の新しい形として生活動線を含めた内装も重視する流れになっています。そんな内装の質を向上させるために、建設業で ・・・[続きを読む]
クオリティーの高い建築物を造るためにはプロの存在が欠かせません。近年注目されているのが、空間デザイナーです。おしゃれなカフェやまるで外国のようなマイホームを建てるにあたってデザイナーの存在が ・・・[続きを読む]
建物を建てる際、素敵で快適に使用できる空間を造るには空間デザイナーの力が必要になってきます。そんな空間デザイナーとして活躍するには、空間デザインについて学べる学校を利用する必要がありますが、 ・・・[続きを読む]
空間デザイン学校は最近とても注目されています。空間デザインやインテリアデザインなど、いろいろと学べる専門的な学校が増えていることもその理由といえるかもしれません。また、学科は学校によって異な ・・・[続きを読む]
空間デザイナーの仕事がしたいのであれば、フリーランスという形で働くのも1つの手です。ここでポイントになるのが、フリーランスで空間デザイナーの仕事をすることで、どのようなメリットがあるのかとい ・・・[続きを読む]
空間デザイナーになりたいと考えたとき、いきなり建築事務所やデザイナー事務所の面接を受けるのは無謀だといえるでしょう。まずは空間デザイン学科が用意されている専門学校があるため、そちらに通って知 ・・・[続きを読む]
住宅メーカーからインテリアデザイン会社まで、さまざまな就職先があるのも空間デザインの知識と技術を指導する専門学校のウリです。また、そうした知識を持つ者も、幅広い活躍をしています。学ぶにしても ・・・[続きを読む]
近年人気の空間デザイナーですが、日本の中心東京には数多くの空間デザイン学校が存在しているようです。学校ではどんなことを学ぶことができ、卒業後はどんな職種につくことができるのか、知らないことも ・・・[続きを読む]
空間デザインと建築デザインの違いはどこにあるのでしょうか。具体的な仕事内容には大きな違いがあるのですが、はたから見ているとどちらも建築物に関することで、違いがないようにも見えます。空間デザイ ・・・[続きを読む]
デザイナーになるために空間デザイン学校に入学する場合は、しっかりと授業を受けられるように入学前から準備をしておいたほうがよいことがあります。ここでは授業を円滑に受けるために必要なスキルや知識 ・・・[続きを読む]
空間デザイナーは資格が必要というわけではなく、専門の学校に通わなくてはならないと決まっているわけではありません。しかし、空間デザイナーとして食べていくためには知識やセンス、照明や設備といった ・・・[続きを読む]
空間デザイナーはネーミング通りに、空間をデザインする仕事ですが、働く場所によって年収に違いがあります。飲食店の店舗の空間をデザインしたり、ショッピングセンターなどの商業施設をデザインする仕事 ・・・[続きを読む]
東京で空間デザインを学びたいと思っているものの、一度社会に出た後から始めても遅いと思ってあきらめていませんか?本気で目指したいものがあるなら、始めるのに遅いということはありません。もし本気で ・・・[続きを読む]
空間デザインの仕事がしたいと考えたときに、どんな方法で学ぶかが重要になってきます。空間デザインというジャンルは専門性が高く独学で学ぶには限界がありますので、やはり専門のスクールで学ぶのが一番 ・・・[続きを読む]
空間デザインの仕事は、インテリアをデザインしたり照明や壁の配置を企画して空間を自在に彩ることです。対象にする施設も幅広く、レストランや販売店、駅や病院などいろいろです。東京のような情報が溢れ ・・・[続きを読む]
空間デザインができる人材は、ショッピングモールなどの施設利用者の多様化に伴ってニーズが高まっています。デザインは感覚的なイメージがありますが、それだけではありません。空間デザインに関する基礎 ・・・[続きを読む]
空間デザインは需要が高い分野です。なぜならば、建築において空間配慮された技術が必要とされているためです。日本だけに限らず世界中でニーズの高い領域で、東京のデザイン学校ではプロのデザイナーから ・・・[続きを読む]
空間デザインの仕事には豊富な知識と経験が求められます。空間デザインの仕事がしたいけど絵が下手でも大丈夫かな、と考えている人は求められるのは絵を描く技術だけではありません。東京には空間デザイン ・・・[続きを読む]
東京の空間デザイン学校に通うことを考えている方の中には、周りと上手くコミュニケーションが取れるか不安に感じている場合もあるでしょう。特に年齢が離れていると、扱う話題が異なるので、話をするのも ・・・[続きを読む]
将来的に、東京の空間デザインに通う人は、必ず将来の目標を持っているはずです。中には、海外に行き空間デザインを意識した住宅を建築したいと考えたりしている人もいるはずです。 この場合、どのように ・・・[続きを読む]
日本各地には空間デザインに特化した専門学校が多く展開されています。東京都においても同様で都内には多くの専門学校が活動しているところです。中には個別指導を採用している専門学校もあり人気を呼んで ・・・[続きを読む]
東京には空間デザイン学校は数多くありますが、通学しようと考えた際に気になる点に「通学期間」があるのではないでしょうか。 特に仕事をしながら通う際などには長引けば長引くほど仕事にも勉強にも悪影 ・・・[続きを読む]
空間デザインを学習する場合は、自分で学習するよりも専門の学校に行ったほうがより学習しやすいと言えるでしょう。この場合には、東京の学校に通うとたくさんの種類の中から選ぶことができます。 では、 ・・・[続きを読む]
独学で学ぶには難しい専門分野ともいわれるのが空間のデザインです。そのため、幅広い年代が空間デザイン学校で学んでいます。 しかし、昼間に通えない人もいたり、都合がつくのが夜だけという人もいるで ・・・[続きを読む]
将来的に空間デザインに関する仕事に携わりたい場合には、空間デザインの学校に通うことで基本的な知識を身に着けて将来に結び付けることができるようになるでしょう。 東京にはたくさんの空間デザインに ・・・[続きを読む]
これから空間デザインの勉強したい場合には、独学で学ぶと難しい部分が多いため、専門学校などに行くことによりより深いところまで学ぶことができるようになります。 ただ、一般的に授業がおこなわれてい ・・・[続きを読む]
東京の空間デザインの学校に行く場合、入学をする必要がありますが、そのためにはどのような手続きや行動をしたらよいでしょうか。 事前にその流れを理解しておけば、途中で混乱するようなこともなくなり ・・・[続きを読む]
日本各地に空間デザインに特化した専門学校が数多く活動しています。東京都でも同様の傾向で、都内には非常に多くの専門学校が展開しているところで、どの専門学校も人気となっています。 東京都にある空 ・・・[続きを読む]
東京で空間デザインを学ぶために、空間デザインの専門学校に通う人は少なくありません。高校卒業して専門学校に入るならば昼間に通って学習することができますがそうでない場合には昼間に通うことができず ・・・[続きを読む]
空間デザイナーを目指しているなら、知識が得られる専門学校があるため、入学することを考えましょう。現場で働きながら空間デザインについて学ぶ方法もありますが、就職先を見つけるのは難しいのでおすす ・・・[続きを読む]
空間デザイン学校に通う場合には、事前の準備が必要になります。 では、一体いつから情報を仕入れておいた方がよいでしょうか。 高校生から入学する場合と社会人から入学する場合に分けて見ていきます。 ・・・[続きを読む]
自分の夢を叶えたい人は、専門知識を学習できる場所を探していることが珍しくありません。 さまざまな空間デザイン学校を比較して、自分にあったところを見つけましょう。     ・・・[続きを読む]
空間デザインの仕事は多岐にわたっていて、空間全体のプロデュースをします。 この仕事をするために、デザイン事務所や設計事務所に所属することがありますし、フリーランスで仕事をすることもあります。 ・・・[続きを読む]
空間デザイナーになりたいのなら、対応する学校に通って、基礎から応用まで教えてもらいましょう。 何種類かの入試が用意されているのでベストなものを選択すれば、比較的楽に空間デザインを学べる学校に ・・・[続きを読む]
空間のデザインに関してしっかりと学びたいのであれば、空間デザイン学校で学ぶことは非常におすすめです。 デザインに関して色々なことを学ぶことができるので、欲しい知識や技術も身につけやくなってい ・・・[続きを読む]
専門学校にも様々な学校がありますが、空間デザインを学ぶことができるところも少なくありません。 空間デザインの専門学校にも認可校と無認可校の2種類がありますがいったいどのような違いがあるのでし ・・・[続きを読む]
空間デザインを専門に扱っているオフィスの中でも、新人研修や資格取得に向けた支援が行われているところであれば、未経験でも無理なく転職をすることができます。 また、実務経験がなくてもデザインに関 ・・・[続きを読む]
世間には、空間デザインを仕事にすることを希望している人は一定数います。 しかしながら、あらためていうまでもなく、こうした仕事を行うのに向いてる人と向いていない人がいます。 ですから、将来的に ・・・[続きを読む]
空間デザインを独学で学ぶ際には、現場で役立つスキルを習得できるまでに時間が掛かったり、かえって無駄な出費が多くなったりすることもあります。 そのため、デザインに関する仕事を始めたい場合には、 ・・・[続きを読む]
空間のデザインを学んだとして、勤め先がなければ宝の持ち腐れになります。 どんな企業とのネットワークが広いのか、加えて専門スクールで学んだ後、積極的な斡旋を行ってくれるのなら将来も安心ですが、 ・・・[続きを読む]
空間デザインを学べる大学や専門学校は全国の都市部に多くありますが、カリキュラムの内容や教員の経歴、取得可能な資格などに違いがあるため、将来の目標に合う進学先を選ぶことが大切です。 また、実習 ・・・[続きを読む]
店舗や施設、そして個人の住宅の内装デザインを行うのが空間デザイナーの行う仕事です。 依頼者の要望に応えて、空間そのものをデザインするので、空間デザイナーのセンスは重要なものになります。 しか ・・・[続きを読む]
専門学校に通う、自分で学ぶなどスキルを身に着ける方法はいくつかあります。 人によっては専門学校に通うほうがモチベーションを保てるという方もいます。 また、マイペースに学びたいという場合には独 ・・・[続きを読む]
ショップやホテルの内部空間を丸ごとプロデュースする仕事に憧れるのなら、専門学校で空間デザインの知識を学ぶとよいでしょう。 そして、多くの卒業生が空間デザイナーとして活躍している専門学校を選ぶ ・・・[続きを読む]
デザインのことに興味が出てくると、専門的に学習したいと考える人は少なくありません。 独学ではスムーズな上達が難しいので、専門学校を検討することもあるでしょう。 もし、本格的に学習したいなら卒 ・・・[続きを読む]
新しいことに興味が出ると専門家のサポートを得ながら勉強したいと考えることもあるかもしれません。 もし、空間デザインを学びたいなら専門学校を検討するといいでしょう。 さまざまなところをチェック ・・・[続きを読む]
空間デザインの学校に入る時は、必ず志望動機を面接で聞かれます。筆記試験も大切ですが、面接の受け答えも重視されます。ありきたりの動機を答えるのは避けて、どうしてもその学校に入学したい理由を伝え ・・・[続きを読む]
部屋や店舗の外観ではなく内観のデザインを行う仕事は、空間デザイナーとインテリアデザイナーがあります。もしも、それらの仕事に就くために、スクールに通って勉強をしたいのなら、両方の違いを明確する ・・・[続きを読む]
空間デザインの専門学校は、デザイナーやインテリアコーディネーター、建築士などのプロを目指すうえで必要な知識やスキルを習得したい人に最適です。特に、在学中から充実した学習に取り組める学校を選ぶ ・・・[続きを読む]
より多くの知識や資格を身につけるために、専門学校に通って勉強することが必要になる場合があります。ただ、専門学校に通わなくても通信教育で勉強ができる場合もあるため、専門学校に通うことが必ずしも ・・・[続きを読む]
空間デザインというのは、名前の通り空間をデザインするということです。さまざまな空間に照明から装飾などをどのように配置したらいいのかなどを考え設計していく仕事です。依頼が来たら仕事を開始してデ ・・・[続きを読む]
空間デザイナー、インテリアデザイナーという職業を耳にしたことはあるでしょうか。情報の多様化に伴い、人々のニーズも幅広くなった現在、空間に配慮を施した建築の需要が高まっています。今のうちから空 ・・・[続きを読む]
最近、空間デザインが注目されています。空間デザインの一例として、イベントを開催したときに、会場の照明や飾りつけなど、そのイベントのテーマにあった内装にすることなどが挙げられ、様々なところで重 ・・・[続きを読む]
空間をデザインする、という概念は、近代的な考え方で今急速にニーズが高まっています。しかし、そもそも空間のデザインとはなんなのか、はっきり理解していない人も多いのではないでしょうか。デザインと ・・・[続きを読む]