空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校に通うとどんな職種に就ける?

公開日:2020/06/01   最終更新日:2020/06/02

近年人気の空間デザイナーですが、日本の中心東京には数多くの空間デザイン学校が存在しているようです。学校ではどんなことを学ぶことができ、卒業後はどんな職種につくことができるのか、知らないことも多くあるのではないでしょうか。

空間デザイン学校とはなにを学ぶことができるのか

近年注目の空間デザイナーですが、空間デザイナーになるために、必ずこの資格が欲しいという資格はありません。ですから、専門学校には通わずそのまま就職して、その就職先で一から学ぶ人もいて、必ず学校に通わなければならないということではありませんし、必ず必要な資格があるという訳でもありません。

ではなぜ、デザインの専門学校がたくさんあるのかというと、やはりさまざまな専門知識を必要とする空間デザイナーですから独学で学ぶよりも、空間デザインの学校に通って専門知識を学ぶことはどの職種に就いても有利になることは間違いないからです。勉強は主に座学により専門家から専門知識や作図などを学ぶようです。

その道の専門家から教えを受け、デザインの仕事に就いたときに役に立つ専門知識をしっかりと学ぶことができるのです。学校によって、自分自身に合う合わないは必ずあります。自分が専門的に学びたいという明確な目標はあるのであれば、余計に学校選びは大切です。オープンキャンパスなどに参加して、一度学校の雰囲気などを確かめてみるのが良いかもしれません。

卒業後はさまざまな業界で活躍が期待される

空間デザインと聞いても、いったいどのような仕事なのかイメージしにくい気がします。空間デザインのお仕事は、具体的には一定の空間の中のデザインをすることです。デパートなど商業施設のデザインを手掛けることもあれば、個人からの依頼もあります。卒業後は、デザイン事務所に就職する人もいれば、各種メーカーや建築業界などに就職する人もいて、さまざまな業界で活躍しています。つまり卒業後の選択は幅広くあるということです。

空間デザイナーの仕事はデザインをするだけではない

実際に就職してからも、もちろん日々勉強の日々です。ただただデザインを考えていればいいというものではありません。まず、お客様との打ち合わせです。自分の意見ももちろん大切ですが、お客様の希望を上手く聞き出してまとめる技術も大切です。そのうえで予算を組んだり、デザインを考えたり業者との打ち合わせもあります。

さらには現場に入り、現場でのチェックも大切なお仕事です。お客様と業者との懸け橋にもなる必要がありますので、とても気を使うお仕事かもしれません。デザインから接客まですべてをこなすということは、とても大変なことですがそれらがすべて上手くいったときの達成感は素晴らしいものです。

さまざまなお客様からのいろいろな意見や考え方を聞くことにより、自分のデザイナーとしての成長にもつながるはずです。学びの場は学校だけではなく、就職してからもお仕事を経験していく中で、いろいろなことを学んで成長していけるのだと思います。

 

空間デザイナーになるためには、必要という資格はありません。このため、各業界に直接就職して、そこで独学でデザインについて学んでいくという方法もあります。しかし、専門知識も多いため、空間デザインの専門学校に通い、多くの知識を専門家から学ぶことは働くにあたってとてもためになります。

学校卒業後は、それぞれがさまざまな職種に勤めております。建築業であったり、デザイン事務所や各メーカーなどで働き、商業施設や個人などの依頼により、空間をデザインすることができます。しかし、ただデザインをしていればいいという訳ではなく、お客様や業者との打ち合わせなど、信頼関係を築くことも大切なお仕事なのです。学校で学んだことを基礎として卒業後はさまざまな業界で活躍できます。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく