空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

仕事後に空間デザイン専門学校に通うことは可能?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/07/31

東京で空間デザインを学ぶために、空間デザインの専門学校に通う人は少なくありません。高校卒業して専門学校に入るならば昼間に通って学習することができますがそうでない場合には昼間に通うことができず夜間に頼るしかなくなります。

そこで仕事後に夜間の授業を受けることができるかが問題になります。

夜間の授業を受けられるところもある

空間デザインの専門学校は、通常昼間に授業をおこなっています。

8:30ぐらいからスタートして16:00時ぐらいまで授業をおこなうのが基本です。もし働いていない場合には昼間でも通うことができますが、働いている人にとっては昼間の時間帯に専門学校にかような難しいことが多いです。

この場合、夜間の授業をおこなってくれるところもあると言えます。実際に、19:00ぐらいからスタートし21:00ぐらいに終了する空間デザインの専門学校も存在しています。このように、夕方以降にスタートする専門学校に通うことができれば、仕事をしながらでも勉強することが可能です。

特に金銭的な援助をもらうことができない場合には、自分で働いて稼ぐしかありません。そのような学校がたくさんあれば働いて空間デザインを学びたい人もありがたいといえます。

仕事後に通う場合に気をつけておきたいこと

もし、仕事をした後に通うことができたとしても、いくつか気にしておきたいことがあります。

気をつけておきたいことを一つは疲れで眠くなってしまうことがある点です。9:00位から17:00まで仕事をした後、さらに2~3時間勉強するならば、眠くなっても仕方がないでしょう。このような場合、可能な限り毎日早い時間に眠ることで睡眠を確保することができます。専門学校の方の授業も、眠くならないように工夫することが必要になるでしょう。

例えば、可能な限り座学をやめて実習を中心におこなわせることで睡魔を遠ざけることができるようになります。一方的に話しを聞くだけでなく、実際に生徒が授業に参加する方式のところも存在しています。

もし、眠気が気になるような場合にはそのようなところに通ってみるのが良いかもしれません。結果的に、短時間でたくさんの勉強をすることができるでしょう。

なぜ夜間に開いているところが少ないのか

東京の空間デザインに関する専門学校でも、夜間に開いているところもありますが多くは夜間に開いていません。実際に働いている人からすれば、夜間になくては困るわけですが夕方までで授業が終わってしまう専門学校は夕方以降も授業がしたくてもできない理由もあります。

その理由の一つは、夕方以降におこなうことで人件費が余分にかかってしまうことです。昼間教えている先生が夕方以降も授業をする可能性はなく、夜のあいだに授業をおこなう先生を確保しなければいけません。そうすると、今まで以上に人件費がかかってしまい結果的に学校側に大きな負担がかかってしまいます。

このような理由から、あまり積極的に夕方以降の授業をしているところがないわけです。ただ、確実に一定の需要がありますので、夕方以降に通うことができる専門学校も少しずつ増えてくるはずです。夜間にかようとすれば、授業時間が昼間通っている生徒に比べると短くなる傾向があります。

このような場合、1年長く通う人もいますが、短期集中型で勉強を教えるスタイルの学校もあります。そのような学校に行けば、時間を無駄にせず圧縮した時間の中で多くのことを教えてくれます。時間がない社会人ならば、短期集中型の専門学校を選ぶと合理的に勉強をすることができるでしょう。

 

東京の空間デザインの専門学校は、働きながら通うことができるかが問題になります。この点に関しては、夜間授業をおこなっているところもありますので通うことができると言えます。

ただ、夜間に通うとなると眠気との戦いになる恐れがあります。専門学校の方も眠くならないように参加型の授業にするように工夫をしてくれるところもあるはずです。昼間の部に通うよりも勉強する時間が限られているため、短期集中で勉強を教えてくれるところもあります。

サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧