空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザインを学ぶとどんな会社に就職できるの?

空間のデザインを学んだとして、勤め先がなければ宝の持ち腐れになります。

どんな企業とのネットワークが広いのか、加えて専門スクールで学んだ後、積極的な斡旋を行ってくれるのなら将来も安心ですが、学ぶことでどんな会社に就くことができるのかしっかり確認しておきましょう。

 

色々な企業や会社で活躍ができる

東京には、空間デザイン校が数多く開校しています。

独学よりも就職率が高いのが特徴ですが「どんな会社に就職できるのか」という、将来性を視野に入れた学びが展開されています。

結論から述べれば、空間デザイナーとして、建築業界から視野を広げてインテリア業界、クリエイティブな企業に就くことも可能です。

空間をデザインするからには、照明から装飾などの配置から考え、設計する仕事に就けるのが魅力です。

仕事で多いのはイベントブースをデザインする仕事なのだそうです。

学ぶことによって、設計デザイン事務所で働くこともできます。

外部から依頼を受けることも、企画部署がある会社もあるようです。

飲食店など、新しい店舗を建てる際には空間のデザインを担当することもあり、モデルルームも展開する大手建築会社に就くこともできます。

この場合、住みやすく素敵な住まいづくり、いわゆるインテリアコーディネーターとした役割を担います。

外部から請け負う場合、企画も様々でやり甲斐があるようです。

安定面では会社に籍をおくのが無難、独立を考えるなら、空間の全てをプロデュースする経験を積むことが大事でしょう。

まずは、専門スクールで学びながら、アルバイトでもいいのでこうしたデザイン事務所で勉強することがおすすめです。

 

建築関連の職に就くことができる

第一線で活動しているプロのデザイナーの授業を受けられるのなら「どんな会社に就職できるのか」といえば、デザイン業界全般です。

必要とされる能力、トレンド、基礎知識に関しては現場を知る者から教わるのが一番効率的です。

デザイン業界と一口にいっても、インテリア家具のデザイン事務所に籍をおくこともできます。

空間デザインの巨匠といわれ、多くのデザイナー志望者が留学先として海外を選ぶため、就職先としては、輸入家具、輸入住宅の需要増となるデザイン事務所が上げられます。

とある東京校では、建築業界に就いた人の半数近くがインテリアの仕事に就いているようです。

空間デザイナーや建築家、インテリアデザイナーなど、様々な知識と資格を修得できるため、幅広いフィールドで活躍ができるのも魅力のようです。

また、戸建て住宅建設に就くこともできるようで、2級建築士がキャリアアップ、スキルアップに空間のデザインを学ぶことで第一線で活躍できるようです。

インテリアプランナーやカラーコーディネーターなどと肩を並べて活躍できます。

 

住空間だけではない空間をつくる会社

「学ぶことでどんな会社で活躍できるのか」あらゆる業界に就くことができ、専門スクールを卒業した後、クリエイターやデザイナーとして有名な方々が輩出されています。

例えば、アニメーターという仕事に就く方もいるようです。

プロダクトデザイン会社も人気で、空間に備える家具だけでなく、車や文具など、生活用品全般のデザインにも携わることができます。

マンションや戸建ての部屋の空間だけをデザインするだけでなく、今や車内の内装をデザインすることもあったり、カフェデザインなどまであります。

設計事務所以外にも、住宅メーカーであったり、デパートやインテリアショップなどの流通関係、照明や家具などのメーカーなどに就職することもでき、人気業界として転職することや、プライベートで活かせることから独立することも期待できる内容です。

 

空間をデザインする知識を学ぶため、東京の専門スクールに通う方が増えています。

学んだだけでなく、どう活かすのか、どんな会社に勤めることができるのか、知識があるだけ活躍できるフィールドも広いようで、建築、メーカーなど様々にあります。

サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧