空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイナーは資格がなくても仕事できる?取得する利点を解説!

公開日:2021/12/15  


空間デザイナーとして働くためには、何か資格がないと働けないのでしょうか?そう考える方は多いことでしょう。また、就職をする前に資格を取っておきたいと考えている学生も少なくありません。この記事では、空間デザイナーに関する資格や、資格を取得するメリット、仕事に役立つ資格について徹底解説します。しっかりチェックしましょう。

空間デザイナーになるために資格は必須?

空間デザイナーは職種として確立していますが、特別な資格は必要ありません。空間デザイナーという名前の資格も今の所ないので、極端な話、経験実績がそこまでなくとも空間デザイナーと名乗っても差し支えないのです。空間デザイナーは国家資格などではないため、自称で名乗ったとしても問題ありません。

しかし、空間デザイナーとして仕事を得るにはある程度の知識と技術が必要な他、専門学校やスクール、独学でしっかり勉強をした上で、デザイン事務所などで実績経験を積む方がほとんどです。フリーランスとして働く方もいますが、無資格でいるよりもデザイン関係の資格を取得しておいた方が仕事を取りやすいので、資格は取っておくに越したことはないでしょう。

空間デザインに関する資格を取得する利点

空間デザインに関する資格を取得する一番のメリットは、就職に有利になることがあげられます。デザイン事務所で働いている空間デザイナーの多くは、空間デザインに関する資格を取得して自分のスキルを証明しているケースがほとんどです。現在就活中の方であればとくに、無資格よりも関係する資格を持っておいた方が就職が決まりやすくなります。

就職だけではなく、仕事が取りやすくなることも魅力です。フリーランスの場合、企業の名前が使えない分自分の実績や経験、ポートフォリオで自分をPRすることになりますが、資格を取得しているだけで無資格の人よりも信頼されやすいためアピールポイントとなるでしょう。空間デザインに関する資格を取っておくと、仕事の幅が広がるのも嬉しいポイントです。

インテリアコーディネーターの資格や建築士の資格を共に取っている空間デザイナーの方もいますが、空間デザイナーとしてだけではなくハウスメーカーや工務店で働く選択肢もでてきます。いろいろな仕事に携ることは自分の技術を磨くことにもつながるので、資格を取得しておけばスキルアップできるというメリットもあるでしょう。

空間デザイナーとしての活動に役立つ資格!

ここからは空間デザイナーとしての活動に役立つおすすめの資格をいくつか紹介します。

まずカラーコーディネーターです。色の組み合わせに関するプロフェッショナル資格といわれるこちらの資格は、空間作りをする上で大変役に立ちます。色が与える印象を理解し、照明計画を練ることもできるため、勉強しておいて損はありません。

次にインテリアコーディネーターの資格です。こちらは家具や内装などのインテリアに関するさまざまな知識を身につけられる資格で、こちらを勉強しておくと室内の空間デザインによい効果をもたらします。

そして、空間ディスプレイデザイナー認定試験です。こちらは日本デザインプランナー協会が行っている空間ディスプレイに関する知識を証明する資格で、在宅受験が可能なお手軽資格となります。空間デザイナーの基礎をマスターしていると証明できる資格なので、持っていて損はありません。

まとめ

空間デザイナーは企業で働くにせよ、フリーランスとして働くにせよ、資格を持っていた方が何かと有利になります。資格がなくとも仕事はできますが、自分の技術を磨きたいという方や、もっと給料を上げたい、仕事の幅を拡げたいという方こそ、空間デザインに関する資格をいくつか取得してみてはいかがでしょうか。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく