空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

東京で学生のうちから空間デザインを学ぶことのメリットとは?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/05

空間デザインができる人材は、ショッピングモールなどの施設利用者の多様化に伴ってニーズが高まっています。デザインは感覚的なイメージがありますが、それだけではありません。空間デザインに関する基礎知識や建築物の構造に関する理解や図面の書き方など多くの専門知識が必要です。ここでは学生のうちから学ぶメリットを紹介していきます。

空間デザインに関する基礎知識を得られる

東京で学生のうちから空間デザインを学ぶことは、基礎知識を得られるという点で非常に重要です。空間デザインでは、建物の空間の設計を行います。東京には多くの建築物があり、将来自分がデザイナーとして仕事をする上で参考になる建物も多く存在します。

このようなことを基礎知識がある上で実際に利用したり見たりするのと、無いまま使ったり、眺めたりするのでは大きく異なります。例えば、飲食店などで食事をする際に知識があって店舗をみる場合とそうでない場合では空間デザインへの考え方やセンス、自分なりの提案方法などの習得度に大きな差をもたらすのではないでしょうか。

友達と食事やショッピングなどへ行く機会が多い学生にとって、学校以外の時間も学びを深めるための機会にすることができます。加えて東京という大きな都市で多くの建物がある地域で建築物に対する基本的な物の見方を養えるのは空間デザインを学んでいる学生だから成せることです。

たくさんの時間を使ってセンスを磨ける

有意義な時間を使ってセンスを磨くことができるのは、大きなメリットです。ここでのセンスとは、流行っていることではなくその人独自の感性のことを指します。センスを磨くためには多くの物に触れて、実際の店舗などを見て肌で感じ取り自分がどう思うのかといったインプットとアウトプットのプロセスを多く踏む必要があります。

たくさんのインプットを行い、自分の好みを把握しアウトプットするためには、相応の時間が求められます。学業に専念している時間は、このような時間を多くとれることでしょう。

現状を分析し、問題点を明らかにし課題として設定する能力や、問題を認識し必要な情報を収集・分析・整理して解決する能力なども身につけることができます。これらの能力は、企業が学生に求めている力として発表されているデータに基づいています。 たくさんの時間を使ってセンスを磨くことは、将来の就職において役立てることができるのではないでしょうか。

学ぶことへの意欲的な姿勢を身につけられる

空間デザイナーとして働くうえでも、学ぶことへの意欲的な姿勢は欠かせません。学ぶことへの姿勢とはコミュニケーション能力、最適化能力と学習能力です。デザイナーとして働く上では、設計した経緯などを説明しなければならない場面が多くあります。

学校にはプロのデザイナーの先生も多く在籍していて、実際の業務でプロがどのようなコミュニケーションを行っているのかを直接聞きにいくことができます。最適化能力とは、より良い空間デザインを行うためにはどのようにしたらよいかを考える力をいいます。同じことを学ぶ仲間が学校にたくさんいれば、他の人のアイデアをもらいやすいでしょう。

また、学校の仲間たちと楽しく勉強をすることは学びを継続させる意欲を持つために欠かせないことで、学習能力を高めることにもつながります。 このように、学生のうちから学ぶことに対する姿勢を身につけられることは東京の学校で学ぶことのメリットといえるでしょう。

 

東京で学生のうちから空間デザインを学ぶメリットは3つあります。1つ目は基礎的な知識で2つ目はセンスを磨けること、3つ目は学ぶことへの意欲的な姿勢を身につけられることで、どの進路に進む上でも欠かせない能力です。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧