空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

女性が空間デザイナーの仕事に就くメリット・デメリットとは?

公開日:2023/02/15  


空間デザイナーとは、今人気の職業で内装のデザインや空間装飾、設計を担当します。空間デザイナーはセンスを活かして活躍できる職業なので、女性も多く働いている職業です。この記事では、女性が空間デザイナーの仕事に就くメリット・デメリットについて解説するので、ぜひ最後まで読んでください。

女性が空間デザイナーの仕事に就くメリット

空間デザイナーとして働く女性は重宝されます。なぜなら女性ならではの目線やセンスは非常に重要視されるからです。どのような施設でも女性目線のデザインが入ることは大切です。また、空間デザイナーの女性にとって、もっとも働くメリットは女性の空間デザイナーはライフイベントが仕事をする上でとくにプラスに働くことです。空間デザイナーとして働いている女性は多く、もちろん結婚や出産を経ても働き続けている方はたくさんいます。

たとえばあなたがクライアントで、これから子どもが生まれるので新築の一戸建てを建てようとしているとしましょう。そのとき、ほかの条件が同じ空間デザイナーがふたりいて、未婚男性のデザイナーと既婚者子育て経験ありの女性のデザイナーならどちらを選びますか?

ほとんどの方が後者を選ばれるでしょう。デザイナーセンスを生かして活躍できる仕事ですので、結婚や出産、子育てなどのライフイベントを通過していることは女性ならではの強みとなります。結婚を機に、子ども向けや同世代の女性向けのデザインに特化したデザイナーになる女性も少なくありません。ライフイベントによってクライアントの意図をくみ取りやすくなり、より重宝される人材になっていくのです。

女性が空間デザイナーの仕事に就くデメリット

職業上でのジェンダーギャップと性差別は時代ともに減少しています。しかし、インテリア業界全体ではまだまだ男性の比率が高いのが現状です。まだまだ男性優位な職業であることは念頭に置いておいたほうがよいでしょう。

空間デザイナーの目指し方

空間デザイナーの仕事に就くために必要な資格は特別ありません。しかし、デザインやインテリアの基礎やグラフィックソフトの使い方など専門的な知識を必要とするため、大学や専門学校で学ぶことが必要です。美術系の大学で建築学科やデザインコース、環境デザイン学科などの学部・学科・コースがあり、空間デザインのほかにも美術に関する知識を体系的に学ぶことができます。4年制大学卒業が好まれる場合が多く、就職が有利になるでしょう。

専門学校では空間デザイナーになるためにつくられた空間デザイン学科や空間デザイナーコースなどがあります。専門的な知識や実践的な技術を身につけられ、短期間で学びたい場合におすすめです。社会人の方は働きながら講義を受けられる通信制大学や夜間の学校をおすすめします。特別な資格を取る必要はありませんが、もっていると昇進や就職において有利な資格はたくさん。より専門的な知識をつけるために、建築士やインテリアプランナーの資格をもっていると有利になります。

ほかに、空間ディスプレイデザイナー認定試験やインテリアコーディネーター資格試験を取っておくと空間を表現する技能と幅広い商品知識を身につけている証明になるでしょう。また、色の知識に関する色彩検定やカラーコーディネーター検定をもっているとより効果的にデザインする際に色を使えます。

まとめ

空間デザイナーは女性も活躍できる職業です。女性ならではのライフイベントを経験することで、クライアントの考えを受け入れ必要とされる人材になっていけます。しかし、インテリア業界ではまだまだ男性の比率が高い現状です。しかし、実力が問われる職業のため、現場で経験を積んで努力次第では子育てをしながらでも大成できます。あなたのセンスを存分に生かしてください。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく