空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校の学費はどのくらい?

公開日:2020/06/15   最終更新日:2023/08/24

住宅メーカーからインテリアデザイン会社まで、さまざまな就職先があるのも空間デザインの知識と技術を指導する専門学校のウリです。また、そうした知識を持つ者も、幅広い活躍をしています。学ぶにしてもこうした専門学校になりますが、その学費はどれくらいかかるのかをしっかり調べておきましょう。

知名度を誇る学院を目安にしてみよう

空間デザインを学ぶならば、教えている講師がプロデザイナーであることや、歴史的に有名である専門学校にてそのノウハウや技術をしっかり定着させることに尽きるでしょう。

独学では、新しい情報をキャッチするにも時間がかかりすぎることもあります。就職先を東京と考えるならば、つねに最新や最先端となるものをインプットしていかなければならず、追い続けるにも適しているのは、そうした情報がつねに入るところであり、プロデザイナーからの学びです。

学費はどのくらいかかるのかといえば、空間デザインの学校によって一概にはいえないのがホントのところです。例えば、地方の学生でさえも耳にしたことがある知名度を誇るデザイナー学院は、学院自体がステータスになるほどで、入学を希望する学生が目立っています。

有名どころのクリエイターやデザイナーもこの学院を卒業しているほどです。空間デザインを学ぶに適している理由は、実際にデザインに触れることができることで、実寸大の空間スタジオが設備として導入されているからかもしれません。こちらの学費を目安と捉えるのもありでしょう。インテリアデザイン科2年間で2,711,000円というお金がかかります。

付加価値があるからこそ高くはない

空間デジタルデザイン総合コースを設けている空間デザインの専門学校では6ヶ月600,000円であることからも、2年制であれば、学費は約2,000,000円必要になります。空間デザインのみならず、今後需要増が謳われている空間コンテンポラリーデザイン総合コースは1年間1,180,000円でしっかり学ぶことができます。

学生からの評判もよく、基礎を含めてあらゆることについて学ぶことができることであったり、実践的な分野においても評価されているからこそ、決して高くはない学費なのかもしれません。さらに、各業界からトップクリエイターが講師として講義をおこなってくれることも評判がよく、デザインの真髄を学べるプログラムを2年間「無料」で受講できるようです。

マンツーマンで企業からの恩恵も受けられる

東京では、最新や最先端となる空間デザインを学ぶことのできる専門学校が開校していますが、中には学費が3年制で4,000,000円ほどかかるところもあるようです。若者が学ぶのであれば、高い印象が先立ってしまうでしょうが、個別指導方式を採用していることも理由かもしれません。

集団で受ける講義ではなく、マンツーマンで向き合ってくれるからこそしっかり知識と技術が定着するわけです。疑問もすぐに聞くことができれば、スムーズな学びが期待できます。また、企業との繋がりに力を入れているため、研修も大手や外部機関になります。企業と連携を活かした授業や研修、イベントなどが展開されているならば、就職にも有利になるでしょう。

 

東京では、早々と空間デザインについての学びの教育がスタートしています。専門学校も数多くあり、将来は、多方面で活躍が期待されています。知識や技術も最新や最先端となるものばかりで、プロデザイナーが指導してくれます。それだけに、専門学校にしては学費も割高感があるかもしれませんが、それなりに納得ができる理由もしっかりあります。おおよそ2年制で2,000,000円ほどがかかるようです。どの専門学校であれ、目的を明確にして入学しましょう。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく