空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザインを仕事にするのに向いている人とは?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/01/25

世間には、空間デザインを仕事にすることを希望している人は一定数います。

しかしながら、あらためていうまでもなく、こうした仕事を行うのに向いてる人と向いていない人がいます。

ですから、将来的に希望するなら、適している人とはどういった人間なのかを理解することは重要といえます。

 

仕事の能力として多様なセンスが必要です

この職業は、その名前の通り、定められた空間をコンセプトに沿いながらデザインすることが業務内容になります。

どのように見せるのが魅力的なのか、供与された空間及び予定している予算を活用して、コンセプトもしくはテーマを一層魅力あるように表現するのが役目になります。

そして、通りがかった方や訪問者のマインドを捉えて、感動を与えるような空間づくりが要求されます。

美術大学並びに専門学校でもプログラムに入っているように、ベーシックなデザインのセンスのみならず、立体もしくは空間をデザインするスキルが必要となります。

加えて、ライトアップの業務が入ることもあることから、色彩のセンスを持つことも重要なファクターのひとつです。

以上のように仕事を実行するためには、優れたセンスが要求されます。

スケジュール管理ができ対応する体力が必要です

この仕事に関しては、実施する日やオープン日などが確定されています。

顧客サイドで定められた日程は遅れることができない締め切りのようなものであり、 実際に締め切りに向けて業務を進行していくことになります。

しかし、装飾品が見つけられない、あるいはオーダーした什器の納期が遅れたり、簡単には行かないことも少ないとは言えません。

そういった事も予見してスピーディーに業務を進めたり、何処かで工夫したりする機転を欠かすことが出来ません。

どんなことでも後回しにしないで、率先して動き回る真面目さが必要になってきます。

それに加えて、打ち合わせや現場の視察、さらに資材集めなど、一日中飛び回る可能性も大きいのがこの仕事の特徴です。

また、フリーランスのケースでは売り込みが求められることもあるので、どんな場合でも考え過ぎずにスピーディーに立ち回るフットワークの軽さも不可欠といえます。

更に、非常に重い資材を持ちつつ現場に出向いたり、現場で取り付けのための必要な作業などの肉体労働も多々あります。

かりに風邪をひいても、スケジュールは待ってくれることはありません。

この仕事は体が資本といえるくらい、体力勝負といえます。

高いコミュニケーション能力が必要です

また、顧客それから、外注業者や設計士、大工など、この仕事にはいろいろな人とのコミュニケーションが必要といえます。

苦手なタイプと口に出している暇はありません。

良いものを創るためには関わる人たちとのチームワークが非常に大事になってきます。

どういった人とも仲良く進められる、相手サイドの話を受け止めて、自分の考えもしっかりと言うことができるような弾力性のある姿勢がある人は、賢明に進めて行けるでしょう。

 

空間デザインの仕事は、イベントブースから、美術館それから、ホテルのロビーに至るまで、多種多様な空間をコンセプトに沿いながらデザインする職業になります。

新たな形で建築されることになる建物の設計段階よりプランニングに入ることもあれば、リフォームのオーダーが来たり、一定期間だけブース並びにエントランスのデザインのオーダーが来たりと多種多様なパターンがあります。

装飾品あるいは照明、さらに壁紙やインテリアなども、どのあたりまで担当するかはその業務内容によって違ってきます。

ですから、この仕事に向いてる人は、スケジュール管理をしっかりでき、様々な人ときちんとコミュニケーションが取れることが求められます。

さらに、機敏に動けるフットワークの軽さも必要です。

サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧