空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザインの仕事内容ってどんなもの?


空間デザインというのは、名前の通り空間をデザインするということです。さまざまな空間に照明から装飾などをどのように配置したらいいのかなどを考え設計していく仕事です。依頼が来たら仕事を開始してデザインをしていきます。小さな空間などもプロデュースするので、自分のセンスが必要になります。

 

 

 

さまざまな備品がデザインになる空間

仕事内容はイベントのブースであればその空間を依頼者の思い通りにデザインしてあげます。コンセントひとつとっても、どこに設置すればいいのかなどを考え、照明などもイベントブースに合うものにしなければいけません。素人には出来ないセンスも必要です。

またホテルのロビーなども空間デザインすることによって、人がゆっくりと寛ぐスペースにしたりすることができます。仕事を依頼される段階は、新しく建物を建てる企画の段階から依頼されたり、リフォームするので依頼されたり、期間限定だったりとさまざまですが、その場所をいろいろなものや壁紙、装飾品などできれいにしていきます。

企画の成功によって集客が見込める

空間デザインの仕事で一番多いのがイベントブースなどの仕事です。イベントの場合は、期間限定で行なわれることもあったりして、一気に集客を見込みたいと考える企画です。ですから空間をそのイベントにあったものにすることが大事です。企業からの依頼があったときから仕事が開始されます。

最近はパソコンを使ったりして立体的に図面を書いて、空間のデザインを作ることができ、そこに壁紙や装飾などをくわえて、依頼者に伝えることができます。そして依頼者から了承を得ることができれば、装飾品などを飾ったりする仕事をして完了します。

空間のデザインにもさまざまな仕事がある

空間デザインの中には、勤務先で自分の会社のデザインを担当する人や、外部から依頼を受けるタイプがあります。会社の中に空間のデザインを企画する部署があって、何か会社内でイベントを行なう場合などに利用されたりします。飲食店などの場合は、新しい店舗を建てた場合に、空間のデザインなどを担当してもらうことが多く、また建築会社などモデルルームの空間デザインなどをしたりする部門もあります。

モデルルームなどの場合は、より住みやすく素敵な住まいに見せないといけないので、プロの方に家具の配置などをお願いすることが多いので、空間のデザインを行なう部門が会社の中にあります。こういった会社の中にある空間のデザインの場合は、仕事の内容は決まっています。

その点外部の仕事を請け負って依頼が来てから仕事をするタイプの場合は、さまざまな企画が持ち込まれます。それにどのような依頼なのかは決まっていないので、やりがいはあります。安定という面では会社の中でデザインをするほうがありますが、やりがいのある仕事をしたくて、将来独立を考えている方などの場合は、さまざまな企画を経験することが大事です。

 

空間をデザインする仕事は空間のすべてをプロデユースすることです。会社の中でデザインを企画する部署が入っている場合もありますが、外注で仕事の依頼を受けて企画するものもあります。外注で企画をプロデユースする場合は、さまざまな空間のデザインをすることができるのでやりがいはあります。

最近はコンピューターを使って立体でデザインの企画を依頼者に見せることができるのでとても便利になっています。空間のデザインがイベントブースなどで成功することによって、集客を期待することが出来たりします。特に多い仕事の依頼がイベントブースなど、短期間のものですが、その企画にあったデザインをしないといけません。