空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校に入学する前に身に着けておきたいスキルや知識

公開日:2020/05/01  

デザイナーになるために空間デザイン学校に入学する場合は、しっかりと授業を受けられるように入学前から準備をしておいたほうがよいことがあります。ここでは授業を円滑に受けるために必要なスキルや知識を紹介していきます。

パソコンを使えるようになっておこう

空間デザインの仕事をするときに、手書きですべての作業をおこなうとイメージしている方は少ないでしょう。手書きではなくパソコンにインストールした専門のソフトウェアで作業をおこなうケースが多いです。

従って、空間デザイン学校でもパソコンを使った授業がおこなわれるので、基本的なスキルや知識は身につけておいたほうがよいです。パソコンのスイッチの入れ方も分からず、マウスの操作もできないのならばデザインの勉強を始められません。

パソコンがないのなら購入を考えよう

パソコンに関するスキルや知識を学びたいのなら、現物を自宅に用意しなければいけません。実際に操作をしなければ身につけることはできないので、所有していないのなら購入することを考えましょう。

ただし、自分用に購入するとなると、かなりのお金が必要なので、用意するのが難しいと考える方もいるでしょう。確かに、空間デザイン学校に通う費用もかかるので、高いパソコンを購入するのは無理な場合もあるはずです。

その場合は、無理して高いパソコンを購入することはないため、格安で売られているものを探してみることをおすすめします。家電量販店に売られている新品ではなく、中古店で売られているものならとても安いので、お金があまりない方でも無理なく用意できるでしょう。

本体とモニターのセットで一万円前後のパソコンでも十分なため、知識やスキルを身につけるために購入をおすすめします。なお、中古店でどれを購入すればよいのか分からないのなら、知っている方に聞いてみるとよいでしょう。パソコンに詳しい方なら、どの程度のスペックがあれば基本操作の勉強ができるか教えてくれます。

パソコンのことは簡単に勉強ができる

パソコンの基本的なスキルや知識を身につけたいのなら、千円から二千円程度で売られている書籍を利用することをおすすめします。初心者向けの書籍が販売されているため、そちらを使って学習すれば、すぐに身につけられるでしょう。分からないことがあったのなら、インターネットで調べればすぐに解決しますので、オンラインに繋がっているスマートフォンなどで検索してみましょう。

ちなみに、自宅のパソコンを無理にインターネットに繋ぐ必要はないため、焦って固定回線を用意する必要はありません。空間デザイン学校で必要なパソコンの操作は、インターネット回線がなかったとしても学ぶことが可能です。

なお、余裕があるのなら、キーボードを見ずに文字を入力できるようになる、タッチタイプを覚えておきましょう。タッチタイプは企画書や見積もりなどを作るときにとても役に立つので、習得しておくと将来役に立ちます。タッチタイプを覚えられるソフトウェアが販売されているため、効率的に文字を見ずにキーボードを打てるようになるでしょう。

 

入学をする前の準備として、しっかりとパソコンの操作をマスターして、空間デザイン学校の授業をスムーズに受けられるようになっておきましょう。知識やスキルを身につけて頭で考えずに直感的にパソコンを操作ができるようになっておけば、デザインを勉強するときに余計な負担がかからずに済みます。デザインとはまったく関係ないパソコンの操作で躓いたのでは、空間デザイン学校の専門の授業を受けている時間を無駄にしてしまいます。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく