空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

土日でも空間デザイン学校に通える?

公開日:2019/10/15  

空間デザインを学習する場合は、自分で学習するよりも専門の学校に行ったほうがより学習しやすいと言えるでしょう。この場合には、東京の学校に通うとたくさんの種類の中から選ぶことができます。

では、土曜日や日曜日などに学校が開かれているでしょうか。この点をよく理解してから入学希望を出すようにしましょう。

土日に行われているところも少なくない

空間デザインの学校は、高校卒業した生徒が入学する傾向が多いです。例えば高校時代に建築に関しての勉強をしたり、昔から建築の勉強をしたいと思っていた人は自分でデザインをした住宅を建てたいと感じるでしょう。

このような場合、漠然と大学に行くよりも専門学校に行ったほうが将来の夢を実現するための近道になる可能性があります。そこで、空間デザインの専門学校に行きそこで2年~3年間学ぶことになるでしょう。

ただ、必ず教室には社会人と呼ばれる人たちがいます。社会人がわざわざ学校に入る理由は今の職業に対して不満を抱いている可能性が高いからです。よくあるパターンは、なんとなく高校や大学を卒業して就職してみたものの、自分の理想とする職場ではなかった場合です。この場合自分がいい加減に決めたことを後悔するかもしれません。

そして、新たにスタートとして空間デザインの学校に通いその世界のプロになろうとする人がいます。ただ、普段働いている場合は土曜日と日曜日しか空いていない人も多いでしょう。

この場合には、専門学校側もそのようなことに気がついているため、土曜日と日曜日を開講してくれることも多いでしょう。

土曜日と日曜日に通う場合のポイント

専門学校は通常週5回ほどおこなわれますが必ずしも週5回行かないといけないわけではありません。

やはり、社会人にもなると仕事が中心になりますので学校に行くことができないようなこともあります。このような場合、柔軟に対応して土曜日は日曜日のクラスでも平日に授業を受けられるようにしているところも少なくありません。

生徒としても、仕事を勝手に休んで専門学校に行くわけにいきませんので、柔軟に対応してくれる学校側に対してありがたいと感じるはずです。これにより、生徒もより一層真剣に勉強していくでしょう。ただ、学校によっては土曜日と日曜日の生徒は平日の授業を受けられないようにしているところもあるかもしれません。

この場合には3年間のコースなどに通い余裕を持って卒業することが必要になります。いずれにしても、社会人の場合には入学する前に学校の仕組みがどのようになっているかを確認しておきましょう。

土日に通う場合に気をつけておきたいこと

空間デザインの学校が土日に開催されているとしても、どれぐらいの時間数のコマを取ることができるかが問題になります。基本的に平日に通うことができる生徒は週5回通いますので、ある程度余裕を持って卒業することが可能です。

しかし、土日しか通うことができないと卒業するまでの時間が長くなるとともに、モチベーションの維持が重要になるでしょう。社会人は、土日が休みだったとしてもその二日間を勉強に充てるとすれば、遊ぶ時間が全くなくなってしまう可能性があります。そのため、自分のモチベーションを維持しながら通い続けることが重要になるでしょう。

 

東京の空間デザインの学校に通う生徒の中には、学生だけでなく社会人もいます。社会人が通う場合は、平日に通うことも難しいことがあるでしょう。このような場合には、土日に通うことで勉強することができるようになります。

ただ、土日以外の日が休みの場合や仕事の都合で行けない場合は平日にも通うことができる学校を選びましょう。また、普段働いている人は土日に通うことで遊ぶ時間や余裕がなくなります。モチベーションの維持も重要になってくることを理解しましょう。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく