空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは?空間デザインに必須の資格?

公開日:2023/06/01  


空間ディスプレイデザイナーとは、空間にディスプレイする知識や技術、照明技術、売場演出、色彩演出などのスキルが求められる職業です。日本デザインプランナー協会が認定するデザインやアパレル、インテリア業界で有効な資格です。今回はこの空間ディスプレイデザイナー資格取得のための認定試験について、概要や合格率などをご紹介します。

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは

商業施設や宿泊施設を魅力的な空間にプロデュースする空間デザイナーは、集客力を高める・売上がアップする・労働者の意欲が向上するなどのポジティブ効果が期待できることもあって、需要の高い職業です。

空間デザイナーになるために必須の資格は存在しませんが、空間デザインに関わる資格として「空間ディスプレイデザイナー」が存在します。空間ディスプレイデザイナーは名前の通り、空間でディスプレイ(陳列)するための知識やスキルを保有していることの証明書です。認定試験の主催者は日本デザインプランナー協会で、デザイン技術に関する各スキルの水準が一定以上かどうかを認定する機関で、技術向上やスキル技術者の社会的地位の確立を図ることを目的とした団体です。

試験内容は陳列の知識・技術以外にも、色彩演出、照明技術といった空間ディスプレイデザインにまつわる複合的な技能・知識が問われるものになっています。資格取得後には自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるようになります。空間デザインに関する代表的な資格として、他にも「インテリアコーディネーター」などが挙げられます。空間デザイン関連で働きたい場合には、これらの資格を取得することで、社会的な信頼性が高まり、仕事を獲得しやすくなるというメリットが期待できます。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の概要

空間ディスプレイデザイナー認定試験は1級と2級が存在します。2級では基礎のみを取り扱うことが多いことに比べ、1級では基礎に加えて応用も抑えていることが求められます。出題内容は、空間ディスプレイデザイン、陳列、色彩知識、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)の知識などが中心です。

1級2級ともに受験料は1万円(税込)で、受験の申し込みはインターネットから可能です。試験は2か月に1度の割合で開催され、年間6回予定されています。自宅での受験が可能なので、住む場所によって受験のハードルが上がるということはありません。

なお、情報は全て2022年12月時点のものです。実際に受験を検討される際には、日本デザインプランナー協会の公式サイトで最新情報をご確認ください。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の合格率

空間ディスプレイデザイナー認定試験の合格率は非公開になっています。主催協会の公開情報によれば、合格基準は1級、2級ともに70%以上です。これは、出題内容の70%以上に正解できれば合格できることを意味しています。

過去問題やテキストなどが非公開となっているので、独学で勉強する方にとっては少々ハードルが高く感じられるかもしれません。空間ディスプレイデザイナー資格取得を目的とした通信教育がいくつか存在するので、独学が難しいと判断した場合には通信講座を活用することで、効率的に知識を吸収できます。

まとめ

空間ディスプレイデザイナー認定試験についてご紹介しました。空間ディスプレイデザイナーとは、空間にディスプレイする知識・技術、照明技術、売場演出、色彩演出などのスキルを有する者に与えられる資格です。日本デザインプランナー協会が主催する「空間デザイン」と名のつく唯一の資格です。試験は1級と2級があり、年に6回ほど開催されています。空間ディスプレイデザイナー認定試験に合格することで、空間デザインに関する社会的な信頼性が高まり、仕事を獲得しやすくなるというメリットが期待できます。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく