空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイナーとして仕事をするには?

最近、空間デザインが注目されています。空間デザインの一例として、イベントを開催したときに、会場の照明や飾りつけなど、そのイベントのテーマにあった内装にすることなどが挙げられ、様々なところで重宝されています。イベントなどは色々なところでありますし、また海外でもイベントはあります。それに会社の中で催し物があった場合には、その空間をデザインしてくれる専門職の人が必要になります。飲食店の開店の内装なども手がけることができますし、今注目の職種です。

 

独学で学ぶのは難しいので学校にいく

空間デザインを学ぶためには、独学で行なうのは難しいです。やはり専門学校に通って勉強することが大事です。空間デザイン専門学校では、様々なことを教えてくれます。学費などは高くなってしまうので、しっかりと勉強のできる専門学校を選びましょう。

学生の頃から通うことが出来るものや、また社会人など働きながら通うことが出来る夜間のものなどあるので、自分にあったところを選びます。そしてある程度知識を持ってから、空間デザインの会社でアルバイトでもいいので勉強していくことがおすすめです。

空間デザインは色々なものを見て経験することが大事です。ですから将来は空間デザインの会社で働こうと考えている方は、まずはいろんなイベント会場などに行ってみたり、素敵なホテルのロビーなどを見学してみたりして、空間をどのようにデザインしているのかなどを観察して、勉強していくことが大事です。いろいろな経験の積み重ねが、自分の実力になっていく仕事です。そして努力も大事ですが、センスも大事なので、センスを磨く努力を常にしておくと良いでしょう。

いろいろな知識を必要とする職種

空間デザインでは、すべての備品などに意味があります。コンセントの位置なども、どこにある方が美しく見えるか、また多くの人に喜んでもらえる内装であるかなどが重要です。そして様々な場所で企画から設置をして完成するまで行なうので、かなりの充実感があります。

仕事ではデザイナーとしての知識や、図面を書くことが出来るかどうか、照明の知識など沢山知っておくべきことがあります。日々勉強をして知識を増やしていかないといけない仕事です。また依頼をこなして、そのうち独立をするとなると、かなりの収入を見込むことができます。

会社で雇われているか外注の場合がある

空間デザインの中には、外注で依頼が来たら受ける仕事と、会社の中でのイベントなどがあった場合に、デザインする仕事があります。会社の中での空間デザインは、外食産業の新しいお店の内装などに関わったりすることです。

また建築会社などの場合は、モデルルームの中の内装などを行なったりする仕事もあります。外注の場合は、様々な依頼が届きます。いつも決まったものではないので、新鮮味があります。そしてクライアントの要望に答えることが出来れば、とてもやりがいのある仕事になるはずです。将来経験を増やしていき自分で事務所を構えることができると、収入も増えていきます。クライアントからの依頼が多ければその分儲かるのです。

 

空間デザインは、やはり学校で様々なデザインの知識を得ないといけません。ですから自分にあった空間デザイン専門学校を探して通うことがおすすめです。独学で勉強するとなると、膨大な知識を自分で探して勉強しないといけないので大変です。ですから専門学校で、専門の知識を持っている人に教わった方が良いのです。デザインに関しての知識はたくさん必要なので、仕事の経験を積重ねることによって、実力が上がっていく仕事です。そして将来は独立をすることも出来て、収入なども期待できる職業です。まずはたくさんの企画を完成させて経験を自分のものにしていくことが大事です。