空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

東京で空間デザインを学ぶのに年齢制限はあるの?

公開日:2020/03/15  

東京で空間デザインを学びたいと思っているものの、一度社会に出た後から始めても遅いと思ってあきらめていませんか?本気で目指したいものがあるなら、始めるのに遅いということはありません。もし本気で目指したいと思っているのであれば、大切なことは年齢を気にするのではなく、何から始めればいいのか、まずは情報を集めることです。

年齢制限はないから何歳からでも学習できる!

東京で空間デザインを学んで働きたいと思っているものの、社会に出てから何年も経っているので今から学ぶのは遅いと考えている方もいるかもしれません。しかし、東京で空間デザインを学べる専門学校などの募集要項を調べてみても、どこにも年齢制限などに関する記述はないのです。つまり、学びたいという意志がある方なら10代でも30代でも60代になってからでも学習を開始することは可能です。

専門学校で学習するということになると、10代や20代の方が中心なので年齢によってはその中で学習するのは恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。学ぶ意志はあっても異なる年代の方に混じるのに抵抗があるなら通信タイプの専門学校で学ぶのもおすすめです。

通信タイプであれば、学校に毎日通わなくても自宅で学習が進められます。学び方のスタイルにもさまざまな選択肢があるので、年齢を理由にあきらめるのは、ただの言い訳に過ぎないのだということを忘れないようにしましょう。

自分にあった学習環境を探すことが大切!

年齢を重ねてから東京で空間デザインを学びたいと考えているとき、どのような環境を選ぶのかもポイントです。実際に学ぶことができる専門学校に通うとしても、さまざまな選択肢があります。そのため、まずはどのような選択肢があるのか理解することが、学習を始めるための最初の一歩です。

実際に専門学校を選ぶなら、空間デザインを学べる環境や将来のビジョン、学費や授業の雰囲気など、さまざまな視点から比較して選ぶようにしましょう。さまざまな視点から比較して選んでいくことによって、自分に合った環境を選択しやすくなります。

また学習したいと考えている方の多くは、卒業後に学んだことを活かして働きたいと考えています。そこで就職などの点も考慮したうえで、どのような専門学校の選択肢がいいのかを探っていくのも重要です。たとえば卒業生の進路や就職率、学校の就職支援の環境などを知ることで、将来まで考えた選択をすることにもつながります。

若い子より不利な点と有利な点を把握しよう

東京で空間デザインの学習を開始するのに年齢制限がないといっても、影響がないわけではありません。そこで、実際に学習する上でどのような影響があるのか、という点も含めて考えていくようにしましょう。

たとえば年齢を重ねてから学習をスタートさせるときに不利な点の一つに物覚えが悪くなっているという点があげられます。10代の頃と比べたら年齢を重ねることで暗記力が低下してしまうのは仕方がないことです。新しい知識を覚えようと思っても、昔のように暗記できないこともあるでしょう。そのような点を理解して、新しい学習にチャレンジするということも忘れてはいけません。

一方で、年齢を重ねてからの有利な点の一つに今までの人生の経験を活かせるという点があげられます。多くの経験を積んできた方であれば、空間デザインの案が豊富に浮かぶということもあるのです。社会人として働いた経験がある方なら、クライアントの意向などをくみ取って働きやすいかもしれません。

 

東京で空間デザインについて学びたいとき、年齢制限はないので何歳からでも学習を始められます。実際に学ぶときは、どのような専門学校があるのか調べて自分に合った環境を選びましょう。自分に合った環境を選ぶことで、年齢に関わらず自分を成長させていくことが可能です。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく