空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校に入学するために必要な偏差値

公開日:2021/06/15  


世の中のものの設計などを行うデザイナーにはさまざまなタイプがあります。その中でも、屋内や屋外などの空間を占めるものについて配置や様式をデザインするデザイナーのことを空間デザイナーといいます。空間デザイナーになるためには、空間的な配置やその有り様などについての知識を得る必要がありますが、大変注目されている職業です。

空間デザイナーとはどのような職業か

空間デザイナーとは、その名の通り空間をデザインするデザイナーのことです。その活動範囲は大変広く、世の中における空間配置などを決める際にデザイナーとして数多く携わります。

英語ではスペースデザイナーとも呼ばれ、イベントの際のブースの配置や設計、デパートなどのディスプレイの設計、図書館や美術館や博物館などの大型公共施設の設計、高級ホテルでの入り口のロビーの設計やホテル内の店舗の内装に至るいろいろなものの配置などのデザインを行います。

現在においては、至るところでさまざまな意匠を凝らした建物や配置が行われていますから、空間デザインの活躍の場は大変広くなっています。

まさに現在の花形職業の一つであるといえます。この空間デザイナーになるためには、空間に関わるいろいろなことを勉強する必要があります。そのため、この分野を学べる場も増えてきています。東京にも大学から専門学校に至るまでさまざまな学べる場があります。

インテリアデザイナーとの違いは

数多く有る意匠設計の中でもよく知られたものに、インテリアデザインという手法があります。では、このインテリアデザインと空間デザインとの違いは何でしょうか。基本的に、インテリアデザインという手法は、屋内における装飾に関するデザインを行ないます。

それに対して、空間デザインというのは屋内屋外に関わらずデザインを行なうという手法がその特徴です。そのため、空間デザインもインテリアデザインを含んだ手法になります。そのような意味で、インテリアデザインと空間デザインには共通部分もあるので、一方を学べばもう一方の役に立つという事は大いにあります。

しかし、当然ですが両者で違う部分もあります。とくに屋外におけるデザインというのは、空間デザインが主な活躍の場となります。屋外独特のさまざまな条件についてのコンセプトをまとめるという意味では、空間デザインがより大きな物を扱うという風にも考えられます。

空間デザインを学ぶ学校について

ここまで述べてきたように、空間デザインは屋内外にかかわらずさまざまなもののデザインを行うという大変重要な役割を持っています。したがって、この空間デザインを行なうということを職業にしたいという志望者は多くいます。では、どのようにしたらこの空間デザインを学ぶことができるでしょうか。

いろいろな学校がたくさんありますが、東京ではとくに多くの学校が集中しています。デザインを中心とする専門学校もありますし、短大や大学などでも勉強できます。この空間デザインを勉強するためには、通常の学業とは異なるセンスが必要になってきますから、偏差値では測れないようなものが重要な場合があります。このように偏差値では測れないということがこの分野の特徴かもしれません。

東京でもさまざまな専門学校が多くあり、偏差値の高低に関わらずいろいろな人が空間デザインの勉強をしています。実際に空間デザイナーになるためには、学校で学んだだけでは不充分で美的センスや実務経験などが必要になります。東京などでは、多くの建物や施設が有るために、このような経験の場が多数ありますので、多くの人が東京に出てきます。

 

空間デザインを行うためには、学業のみだけではなく美的なセンスや経験、そしてオールラウンドプレーヤーのような実力を兼ね備えることが必要となってきます。多くの人達が、空間デザイナーになることを目指して日夜励んでいます。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく