空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校に入学するまでの流れとは?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/31

東京の空間デザインの学校に行く場合、入学をする必要がありますが、そのためにはどのような手続きや行動をしたらよいでしょうか。

事前にその流れを理解しておけば、途中で混乱するようなこともなくなり準備万端で入学をすることが可能になります。

まずは体験入学からスタートしてみよう

東京の空間デザインの学校に入学する場合には、まずその雰囲気を確かめなければいけません。いくつか空間デザインの学校がある中で自分にとってぴったりのところを選ぶ必要があります。

これはホームページやパンフレットなどを見ても一見わかりそうですが、なかなか雰囲気がわからないものです。実際に学校に行ってみたところ、パンフレットやホームページの雰囲気と異なったということは枚挙にいとまがありません。

良い意味でも悪い意味でもイメージと違っていることが考えられます。雰囲気を確かめるためには、まず空間デザインの学校に体験入学をする必要があるでしょう。

最近は、専門学校も競争が激しくなっておりいかに生徒数を確保するかが重要な課題になっています。そのためには、ほかの学校がやっていることをまねしてやる傾向が強いです。例えば、生徒をより多く集めるためには体験入学が重要な行事になります。

体験入学は、実際にその学校に入り1時間だけ授業を受けてどのような学習をしているかを知ることができます。それだけでなく、学校自体を開放しており食堂なども利用できる可能性が高いです。また、掲示物や室内などを見るとおよそその学校の雰囲気などがわかってくるでしょう。

そのため、まずは体験入学をする必要がありますが四月から八月ぐらいの間でおこなわれることが多いです。年間数回しかおこなわないところも多いため、日程をよく確認して忘れないようにする必要があります。

面接対策を十分におこなうことが重要になる

入学試験は、大学受験などと異なり前の年の十月から十一月におこなわれることが多いです。入学試験といっても、難しい内容が問われることはなく、たいていの場合常識的な問題が出題されるべきです。そのため、基本的な勉強さえしておけば不合格になるようなことはありません。

たいていの場合100パーセント合格することになりますが、非常識な人の場合には不合格になります。そのため、最低限度の知識を身につけておく必要があるでしょう。ただ、その勉強も1か月程度おこなえば合格できることがほとんどになるでしょう。

後は、面接の対策をおこなっておく必要があります。面接の対策は志望動機を明確にすることが重要です。なぜその空間デザインの学校を選んだのかを明確に説明することが必要です。

学校によっては、自己アピールと呼ばれるものもありますので、自分の長所をよく確認しておきましょう。長所がわからない場合には、周りの友達や家族などに聞いて覚えておくべきです。

合格した後の流れを理解すること

無事に空間デザインの学校に合格した場合には、その後の流れもよく確認をしておく必要があります。まず、お金の払い込み期限が重要になります。これは保護者がおこなうものですので、学生は気にする必要はありません。

ただ、社会人が受験した場合には社会人のお金を支払うはずですので、この場合期限をよく確認しておくべきです。期限に遅れてしまうと、厳しいところは入学取り消しになってしまいます。

期限を守ることができない人を入学させるわけにはいかないと考えているところは、間違いなく不合格になります。後は、教材を取りに行くときや入学前に一度集まりがあることも考えられますので確認をしておくべきです。

 

東京の空間デザイン専門学校に入学するまでの流れは、まず体験入学からスタートしておいたほうがよいです。

体験入学をすることで、パンフレットやホームページではわからないような内容を把握することができるからです。入学試験は、常識的な問題を解くことと面接になるでしょう。いずれも、それほど時間をかけておこなう必要はありません。

ただ、面接に関しては志望動機を明確にしておくことが必要になります。最後に、お金の払い込みを忘れないようにするべきです。

サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧