空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザイン学校の授業内容とは?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/31

将来的に空間デザインに関する仕事に携わりたい場合には、空間デザインの学校に通うことで基本的な知識を身に着けて将来に結び付けることができるようになるでしょう。

東京にはたくさんの空間デザインに関する学校がありますが、実際に気になるのは授業内容ではないでしょうか。

そこで、どのような授業内容になっているかを見ていきましょう。

基本的には座学授業を受ける

空間デザインの学習をするといってもたいていの場合、座学が中心になります。座学とは椅子に座って教科書やノートを広げながら先生が黒板に書いていることを写すことです。

あるいは、問題を解く場面や教科書を読む場面などもこれに該当します。いずれにしても、多くの時間は先生が黒板を利用して生徒がそれを書き写す形になるでしょう。

また、問題を解いているときもあるかもしれません。いずれにしても8割程度は椅子に坐りながら先生の言うことをノートにとって行くため中学校や高校などと同じような学習スタイルになるといってよいでしょう。このような学習は退屈に感じるかもしれませんが、空間デザインのプロを目指すときに重要な内容になります。

椅子に座って人の話しを聞いていたりノートを取っていると眠くなってしまうことがありますが、眠くならないように注意をしなければいけません。

学校で定期的にテストをおこなうことになりますが、この場合にも椅子に座って授業を受ける際の重要になります。テストの点数が悪いともう一度やり直さなければならないため、テスト前は特に真剣に受講することが重要になります。

実際に図面などを作成することも重要になる

せっかく空間デザイナー学校にかようならば、図面作製なども積極的におこなっていく必要があります。図面作製とは、図面を作成し実際に空間デザインとはどのようなものかを自分で作っていくことです。これらは最初に学校の授業を聞いてノートをとり自分で学んでいくことが大前提になっていますのでそれらを考えずに図面作製をすることはできないでしょう。

そのため、どちらもつながっていることが理解できるはずです。図面作製をしている間は、インプットではなくアウトプットになるため楽しい時間を過ごすことができます。

座っている50分かは長く感じたのに、図面を作成している50分間はあっという間に感じてしまったと体感する人も少なくありません。結果的に、多くのことを身につけることが可能になります。

試験対策などをおこなうことができる

学校に通う場合は、何らかの資格をとることが重要になるでしょう。資格をとるにあたり資格の勉強をすることがあります。その学校の資格取得者が多ければ多いほど、学校としても知名度が上がり翌年の生徒数に結び付く可能性があります。

そのため、たいていのところでは試験対策をおこなっているといえるでしょう。試験対策とは、時間を計って問題を解きその後答え合わせをしていきます。それぞれどの程度の成績になっているかを把握し個別に対策を講じていくこともあるかもしれません。

 

空間図形の学校に通う場合、授業内容はどのようになっているかといえばたいていは座学とよばれるものです。黒板に先生が文字を書き生徒がノートにとって行くものです。特に試験前は、黒板に書かれている内容を重視することが多いためノートをとることは重要になります。

専門の学習らしく、図面作製などがおこなわれることも少なくありません。それ以外にも、資格試験対策などをおこない少しでも多くの生徒が報告するように学校側もサポートしています。合格する人が多ければ学校の知名度も上がるため、学校側も真剣におこないます。

空間デザイン・インテリアデザインの学校一覧

イメージ12345
会社名東京デザインプレックス研究所ICSカレッジオブアーツ青山製図専門学校桑沢デザイン研究所東京デザイナー学院
ポイント未経験者であってもプロフェッショナルに!実績多数東京目黒というデザイン的な好立地の人気校渋谷青山という好立地に校舎をかまえる40年の伝統校です日本初のデザイン学校で「デザインの原動力」を学習する「TDG」の名称でおなじみ、知名度に関しては高め
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧