空間デザイナー、インテリアデザイナーを目指したい方必見です!東京でデザインを勉強するのにおすすめの学校を比較ランキングで紹介します。

空間デザインを独学で学ぶのは難しいって本当?

空間デザインを独学で学ぶ際には、現場で役立つスキルを習得できるまでに時間が掛かったり、かえって無駄な出費が多くなったりすることもあります。

そのため、デザインに関する仕事を始めたい場合には、専門的なノウハウを学ぶことのできる学校で一定期間学ぶことがおすすめです。

 

現場で使えるスキルを身に付けることが難しい

テキストや専用のパソコンソフトなどを使って空間デザインを独学で学んでいる人は少なくありませんが、現場で使えるスキルを身に付けることが難しいといった問題点があります。

特に、建設や住宅、インテリアなどを手掛ける企業でデザイナーとして働くためには、幅広い知識や経験が必要となるため、独学で対応しきれないところも多くあります。

そのため、短期間で実務に必要な一通りの知識や技術を学びたい場合には、各業界での経験が豊富な講師が揃っている専門学校に入学をすることがおすすめです。

例えば、演習や実習などの形式の授業が行われている専門学校では、少人数制で担当の講師からきめ細やかな指導が受けられるといったメリットがあります。

なお、卒業までの間に目標のスキルを習得するにあたり、一人ひとりの学生に対して学習サポートがしっかりしているところを進学先に選ぶと良いでしょう。

 

学校に通うよりも出費が多くなってしまうこともある

空間デザインに関する市販の教材には様々なものがありますが、人によっては学校に通うよりも出費が多くなってしまうことがあるため、慎重に学習方法を選ぶことが大切です。

例えば、大手の専門学校が提供している通信教材の中には、忙しい生活を過ごしている社会人も自分のペースでデザインの基礎を学べるものもあり、じっくりと色々な教材のメリットとデメリットを判断することがおすすめです。

また、市販の教材の選び方に悩んでいる場合には、実際に独学を長く続けている人の体験談を聞いたり、教材の発売元に問い合わせをしたりすると良いでしょう。

なお、デザインに関する知識や経験がない人であれば、自宅学習と専門学校を上手く併用することで、効率よく必要な事柄をマスターすることも可能です。

 

業務に役立つ資格取得までに時間が掛かりやすい

独学で空間デザインの業務に必要な資格取得をする際には、受験対策を立てるために時間が掛かってしまったり、本番で思うように点数を取れなかったりといったリスクがあります。

また、業務に使える資格の種類について把握しにくいこともあるため、少しでも経済的な余裕があれば、一からサポートを受けられる専門学校に入学することがおすすめです。

最近では、一人ひとりの学生の実務経験の有無や適性、能力などに応じて、様々な形で授業を行っているデザインの専門学校が増えています。

そのため、将来的にデザイナーとして独立を目指したり、民間企業に就職をしたりしたい時には、それぞれの学校で学べる内容や学生に対する支援についてきちんと確認してみると良いでしょう。

その他、資格取得のために欠かせないスキルを速やかに身に付けるために、直前対策が行われている専門学校を優先的に選ぶことも大事です。

 

自宅で空間デザインの学習をする場合には、必要以上に時間が掛かったり、高額な出費が必要となったりすることがあります。

そのため、限られた期間で現場で役に立つ知識や技術を習得するうえで、熟練の講師から徹底したサポートを受けられる専門学校に通うことがおすすめです。

また、カリキュラムや講師の経歴などは、それぞれの専門学校の方針やコースなどによって違いがあるため、時間を掛けて進学先を決めることが大事です。

なお、デザインに関する資格取得のサポートが行われている専門学校を選ぶことで、効率よく試験に合格をするために必要なポイントを押さえることができるため、初めて本格的にデザインの学習をする人も安心です。

サイト内検索
東京の空間デザイン学校ランキング!
記事一覧